Latest Posts

第4部:軽く見てはいけない下山 下界でのご褒美編

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 みなさま、こんにちは! ゾーホージャパン、ManageEngine事業 松本(@shinyamats)です。リレー形式で綴るブログ「富士山リレー日記」の第4部を担当します。 「ホノルルマラソン&東京マラソン 部」顧問でもあります。顧問と言っても、最高年齢者の扱いに苦慮した結果の肩書で、フルマラソン経験があるわけではありません。お間違いなく。 (影富士再掲) さて、ここまで綴り継いで来た「富士山リレー日記」ですが、ご来光&ビールと剣ヶ峰にて記念写真というクライマックスが終わり、これからは無事に下山するのみです。 だがしかし、標高3776mの最高地点で写真を撮った直後の私の心には、大きな心配事がありました。 帰りのバスの出発時間に間に合うのか!!! 時計を見ると8時に近いです。が、多分、普通の速さで歩けたら大丈夫でしょう。しかし我がパーティー(6名)には、ここに来た時点で体力を使い果たしたように見え酸素缶が離せないメンバーと、高山病で辛そうなメンバーがいます。ここから4時間以上歩かなければなりません。。。 なぜそんな無茶に剣ヶ峰まで来くることになったのか? 皆さん疑問に思うかもしれません。 【理由1】 26年ほど前・・・・・・浅間大社奥宮の鳥居の近く、気温は山小屋内で3度、外は風雨強く、剣ヶ峰など全く見えません。地獄とは言いませんが、激しく体力と気力を奪われます。「また今度来た時に剣ヶ峰に行けばいいや・・・・」と弱い心であきらめる若輩者(大学生)の私がいたのでした。・・・・・・ そうです、今回の登山は、26年前のリベンジのため、大きな挑戦だったのです。ですので、最年長で再びのチャンスが少ない私は、一人でも剣ヶ峰にたどり着こうと心に決めていました。数年前からランニングをし、高所に負けない体力もつけました。 【理由2】1時間ほど前・・・・・・10合目山小屋にて、皆がそろったところで、メンバーに確認すると、1名以外は皆元気に(休憩していたからですね!)「お鉢めぐりに行く!」と言います。女性の体力が心配でしたが、「荷物を預けて行く」というので、身軽だし、大丈夫だろう、こんなに天気がいいし。。。 という軽い判断で、OKと思い、女性全員が剣ヶ峰に挑戦しました。・・・・・・ 頂上付近で、はたと気が付きます。「あれ、みんなリュックを担いでいる!!」先に歩き始めてしまった私の知らないところで、リュックを担いでいくという事に決まったのでした。そして、そんなことにも頂上まで気が付かない注意力散漫な私がいるのでした。(3700メートルをなめてはいけないですね。)しかし女性全員登頂成功、素晴らしい!! ともかく、後ろ髪をひかれる思いで、お鉢めぐりを続け、郵便局で慌ただしくハガキを投函し、下山口に向かいます。 横をみると、雲海が近いです。雲が上がってきました。雲の上を歩いているようにも感じられます。 やはり、先ほどの2名は辛そうです。登りはNGです。10メートルの登りも簡単にはいきません。休みを取りながら、ゆっくり行きます。「これが最後の登りだよ!」などと声をかけて、気力を振り絞ってもらった後で、上り坂が見え、テンション激しくダウン、てな失敗も(判断力落ちているので)あります。 下山口までたどり着きました。 先行部隊の@Eripangと@asukahondaが、@kskshulconzipの先行下山を確認してくれた後、先に下りていきました。私たち後方部隊も、トイレ休憩のあと、準備ができた人から下り始めます。 8合目位で先行部隊を見つけ、しかも間違った下山道に行ってしまったという判断をし、てあわてて携帯で連絡をするという間違いも((判断力落ちているので))あります。 時間を気にしているのと、疲れているので写真も少なです。雲海の中に入り、雨にも降られます。...

一般 1 min read

[ホワイトペーパー] 業務効率の改善に貢献するITIL準拠のヘルプデスク~2章

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 12分 [  ManageEngine® ServiceDesk Plus  ] インシデント管理   たとえば、ある社員が 「プリンタ、使えないよ!」 というリクエストを送ってきたとします。これにはさまざまな原因が考えられます。IT ヘルプデスクスタッフはこの問題を正確に把握するため、適切な質問を依頼者にする必要があります。たとえば次のような質問です。 適切な質問 必要な情報 適切な回答 ○プリンタがマシンに設定されているか? ○依頼者の情報 依頼者から情報を仔細に聞き出し、IT ヘルプデスクスタッフは問題の解決方法を依頼者に連絡をします。 ○どのプリンタが設定されているか? ○依頼者の執務環境(どのネットワーク) ○デバイスドライバは正常に機能しているか? ○ワークステーションの詳細情報 ○トナーの交換時期ではないか?...

ServiceDesk Plus 1 min read

第3部:待ちに待ったご来光 真の山頂に辿り着きたい編

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 ゾーホージャパン、ManageEngine事業の営業担当、平良(@Zara_Zoho)です。 リレー形式で綴るこのブログの「第3部:(ご来光とお鉢めぐり)」を担当します。 実は、運動嫌い(というか走るの嫌い)なこの私。先輩方に「富士山登らない?」と誘われ、 いつかは登ってみたかった日本一高い山に登るチャンスだと思い、 結婚式の翌週にも関わらず、参加を決意(`・ω・´)キリッ 富士山登山に参加したら、 いつの間にか「ゾーホージャパンホノルルマラソン部」の一員になっていて マラソン部の社内プロジェクトに追加されていました… (´;ω;`)エーン とりあえず、富士山登山に向けていろいろ心配すぎて 買うもの買い込んで形から入った身ですので   ←結構お金かけた…(´・ω・`) これを機に、にわか山ガールにでもなってみようかと思います。  ←言ってみただけ *************** 1.ご来光の様子 それはさておき、富士山頂上!! 前回ブログの担当者、酒井(@kskshulconzip)以外は皆ご来光までに到達し、 休憩したり、暖をとったり、場所取りしながら太陽の出現を今か今かと待ち構えていました。 (頂上は人だらけ~) 空が明るくなってきた…☆ ご来光までもう少し…!   ・   ・...

一般 1 min read

第2部:富士山の裏の顔 高山病と山小屋カレーの恐怖編 (本8合目宿泊から10合目まで)

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 ゾーホージャパン、ManageEngine事業の製品担当、酒井(@kskshulconzip)です。 リレー形式で綴るこのブログの「第2部:富士山の裏の顔 高山病と山小屋カレーの恐怖編 (本8合目宿泊から10合目まで)」を担当します。 さて、今回の富士登山から戻ってきて、皆、「楽しかったー!!」とか、「悔いなし!!」とか、 さも楽しく、美しい思い出ばかり出来たような勢いで振り返るのですが、この私は、そうはまいりません!! 山頂を目指した富士山登山は初めてで、山小屋泊まりも初めてのことでして、 年甲斐もなく(アポロ11号が月に向かった年に生まれてます)はしゃぎ、カレーライスもおいしくパクつきます!! このカレーライスが後で物議を醸すことになるのですが、そのときは予想だにしていません。 個人的には、床についてからの両隣の男性(右=同僚、左=他グループ)のダブルいびき攻撃にさらされ、 ほとんどまともに寝られなかったことの方が、いっそ問題で、特に左隣りさんは、無意識からーの、空手チョップ、エルボードロップ、毛布はぎなど、いろいろな技を繰り出してきます。 どこからか聞こえてくる他のいびきなどは、まるで森の中のフクロウの鳴き声を聴いているかのような風情がありましたが、とにかく寝られませんでしたっていうお話です。 さて、うろ覚えなのですが、夜中の1時くらいには起きだして山頂に向けて出発することになります。山小屋から出て登り始めると、曲がりくねった山道を登っていく人たちのヘッドライトが誇張無しにイルミネーションのようで、思わず歓声を上げました。それは一見の価値ありの光景ですよ!! (@Zara_Zoho 提供) この日は天候が良かったので、星々が凄くきれいに見えて、天頂付近には天の川も見えました!! さらに、火球のような流星を偶然に目にすることができたので、登り始めはかなりいい感じでした!! そして、私にとっては、良かったのはここまでで、後はもう大変なことになります。 まず、だんだん足が動かなくなり、心拍数が上って、軽い吐き気がずっと続くようになりました。酸素スプレーは気休めにしかならないと聞いていたので、1回も使いませんでした。深呼吸だけで対応しようとしたのです。一緒に歩いていた同僚にも先に行ってもらい、少し登っては、休んで呼吸を整え、というのを繰り返していました。 山頂までは、まだまだ遠いし、混んでいる中、降りるわけにはいかないし、体調は回復しないしで、どうなることやらと思い、かなり絶望しました!!高山病ですよね、これって…。 子供の頃から、遠くから見てきた富士山…。現場に来ると、こんなにもつらく厳しいのだなーということを実感することになりますね。 そうこうしているうちに時間が過ぎていき、地平線がわずかに白みだします。このままでは、どうしようもないと思い、少し考えました。 「…そうだ、自己暗示をかけて、気持ち悪さを解消しよう!!」...

一般 1 min read

第1部:最初は楽しかった富士登山の巻(吉田口5合目から本8合目まで)

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 ゾーホージャパン、ManageEngine事業の営業担当、大澤(@Eripang)です。 リレー形式で綴るこのブログの「第1部:最初は楽しかった富士登山の巻 (吉田口5合目から本8合目まで)」を担当します。 さて、7月23日は好天に恵まれ、全員元気いっぱいに5合目をスタートしました! 富士山は、7合目まで馬で行くこともできます。 お馬さんの落し物にはご注意を。 ちなみに馬と一緒に写真を撮るだけで300円。 5合目~6合目(片道)6000円、 5合目~7合目(片道)14000円です。 夜間や強風の日は、料金が30%増しという富士山ビジネスの恐ろしさ! お手洗いも有料ですから、ゆだんしているとあっという間に富士山貧乏になってしまいますね。 6合目でもまだまだ元気。 Zoho事業部の@asukahondaは、富士山の8合目からZohoインボイスで請求書を送っていました! 富士山の8合目からでもワークオンラインできるということが証明されました(クラウドってステキ)。 【関連記事】富士山頂でワークオンライン!?Zoho事業マーケ担当者の富士登山リレー日記 若干、脚の角度が下がってきている・・? 食いしん坊担当として見逃せないのが、食べ物の値段です。 8合目ではふもとの2倍でした。 このおにぎり、かなり魅力的でした。 じつはわたくし、富士登山の数週間前から秘密特訓として、階段でオフィス(6F)に出社していました。 そして、6Fに着いた時の尋常ではない息切れに、富士登山への言い知れぬ恐怖を募らせていました。 ところが、この日は本当にお天気が良く、たのしく歩いているうちにいつの間にか8合目の山小屋に到着してしまいました。 富士山、たのしい!富士山、バンザーイ!!...

一般 1 min read

ゾーホージャパンマラソン部・富士登山リレー日記

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 みなさま、こんにちは! ゾーホージャパン、ManageEngine事業のマーケ担当、清水(@Mona_Zoho)です。 東京マラソンが間近に迫った今年2月初めに、社内有志で「ホノルルマラソン&東京マラソン 部」を結成しました! フルマラソン完走を目指すもの、日ごろの運動不足解消を試みるものなど数人のグループで、毎週水曜日のアフター6に横浜みなとみらいを疾走しています(約8km)♪   部員の中には、部活動の後、家まで2時間走って帰るツワモノもいますが、ほとんどがフルマラソン未経験者ばかり! でも、部全体の目標として、今年の12月の「ホノルルマラソン完走」、来年2月の「東京マラソン完走」を掲げて頑張っています。 42.195km の長距離を走りきるには、高い心肺能力と、強い精神力が必要! …というわけで、この夏は、マラソン部 強化合宿として、『富士登山』 に行ってまいりました! 日々のめまぐるしい業務の合間に、横浜近辺のアウトドアショップで登山グッズをかき集め、いざ、1泊2日の富士登山旅行へと旅立ちました。 めざせ、山頂!めざせ、ご来光! めざせ、甲子園! 参加者7人のうち、果たして、何人が登頂できるのか!? ゾーホージャパン「ホノルルマラソン&東京マラソン 部」による日本一の富士山行脚の様子を、ManageEngineブログ、および、Zohoブログの場をお借りしてリレー形式でご紹介いたします。全4話(+裏ブログ有り?)です、ぜひご堪能ください♪ ~参考情報~ ■日程:2011年7月23日(土)~24日(日)■メンバー紹介: @Eripang (食いしん坊★裏部長。月間200kmを走りきる、主食はコラーゲン) @Mona_Zoho (期待を裏切るエース。富士登頂かつ高山病経験あり)...

一般 1 min read

OpManager | 中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 ※これは、2011年7月27日に開催した「中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー」のセミナーレポートです。 【中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー】 ~ネットワーク運用管理における監視業務の負荷を軽減するための最適な組み合わせのご紹介~ 開催日時 : 2011年7月27日(水) 15:00-16:30 会場 : 株式会社システナ(浜松町) 昨日 7月27日(水)に、ゾーホージャパン/システナ共催による 「中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー」を開催いたしました。 ゾーホージャパンからは、セッション1 「統合ネットワーク監視ツール ManageEngine OpManager のご紹介」を行いました。 また、弊社の販売パートナーであるシステナからは、セッション2「『OpManager』を利用したシステナリモート運用監視サービスの導入メリット」をご紹介しました。 ******************************* はじめに、セミナーに参加いただいた方全員に、「ネットワーク監視」簡単診断チェックをしていただきました。 内容は、次の通りです。ぜひ皆さまもチェックしてみてください。 「ネットワーク監視」簡単診断チェック: 1つのツールですべての機器を監視したい...

OpManager 1 min read

[ホワイトペーパー] 業務効率の改善に貢献するITIL準拠のヘルプデスク~1章

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 [ ManageEngine® ServiceDesk Plus ]   前回(業務効率の改善に貢献するITIL準拠のヘルプデスク~序章)は、ITILとは何のためにあるのか、何が目的なのか、をお話しました。今回は実際にITILを実装するための計画についてお話します。     ITIL実装の大まかなステップ   ITILを実装するためのステップは大きく2つに分けられます。    o ITIL実装で達成すべき大まかな目標設定とそれを実現するための計画の立案  o インシデント管理、問題管理、変更管理、および構成管理を含むITILに基づいたヘルプデスクの設置       [図2. インシデントの発生例]...

ServiceDesk Plus 1 min read

ServiceDesk Plus | ヘルプデスクと資産管理の連携による業務改善セミナー(2)

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 [ ManageEngine® ServiceDesk Plus ] 【ヘルプデスクと資産管理の連携による業務改善セミナー】   『ITILベースのヘルプデスク運用ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus」による ヘルプデスク業務改善のご紹介』     開催日時 : 2011年7月20日(水) 15:00-16:30 (受付開始 14:45-) 会場 : 株式会社パナッシュ オフィス(恵比寿)     台風6号がじわじわと関東に近づいてくる中、昨日は当社のパートナーであるパナッシュ社と共催セミナーを...

ServiceDesk Plus 1 min read

[ホワイトペーパー] 業務効率の改善に貢献するITIL準拠のヘルプデスク~序章

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 [ ManageEngine® ServiceDesk Plus ] ある会社の情報システム部門に「鈴木さん」という方がいます。この会社の社員は皆、何かITに関する問題が発生したときは、鈴木さんを呼びます。 「鈴木さん、こんな問題が起きているんだけど、何とかしてくれないかな?」 鈴木さんは社員全員の名前と、それぞれの社員が使用しているIT資産を把握していて、問題をすべて瞬く間に解決してしまうのです。 しかし、事業が順調に発展していくと、さらに従業員を雇い、より多くのITサービスを利用し、会社の規模はますます拡大していきます。事業規模が拡大したとしても、鈴木さんはこれまでのような離れ業を続けることができるのでしょうか? ここで、ITIL準拠のヘルプデスクソフトウェアの出番です。 今回のホワイトペーパーでは、ヘルプデスクソフトウェアを利用することで、鈴木さんや鈴木さんとともに業務を担当するITヘルプデスクチームが、どのように企業のビジネスを効率よくサポートし、ITサービスの継続性を維持していくのかを見ていきましょう。序章ではITILの考え方を、1章ではITIL実装のための計画について、2章ではインシデント管理と問題管理、および構成管理データベースについて、最終章の3章では変更管理について触れ、最後にまとめを行いたいと思います。 中小企業のITサービスサポートの業務効率を改善する [ ITIL ] ITIL (Information Technology Infrastructure Library) とは、ITサービスマネジメントのベストプラクティスを集めたフレームワークです。IT環境を効率よく運用管理する必要性により、英国商務省が1980年代半ばに規定しました。ITILの主な目的は、IT技術を業務にいかに活用していくかということです。ITILのサービスサポートプロセスにより、組織が所有するソフトウェアやハードウェア、人的資源を効率よく管理し、業務を継続かつ安定して遂行できることが保証されます。ITILが規定するITサービスの主要な役割は、「安定した最善のサービス」をユーザに提供するということにあります。ITILでは、このようなサービスを提供するため、インシデント管理、問題管理、構成管理、変更管理、リリース管理の5つのプロセスが定義されています。企業や組織がITILフレームワークの仕様すべてを実装することが要求されているわけではありません。この選択の自由さこそ、ITILが今日のあらゆる規模の企業に採用されている理由の1つなのです。中小企業には、コストを抑えたITILの実装が可能なアプローチが必要です。このアプローチによって、ITILの標準ガチガチの実装ではなく、実質かつ適切な機能を採用することができるのです。    ...

ServiceDesk Plus 1 min read