第12回 オブジェクトの復元【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ オブジェクトの復元方法について解説 前回までのコラムでは、オブジェクトの作成や管理について解説しました。オブジェクトの管理をおこなう中で、誤ってオブジェクトを削除してしまうことは、よくある話です。今回のコラムでは、そのようなケースでのオブジェクトの復元について解説します。 ■ オブジェクトのSIDとは 第7回のコラムでも少しだけ解説しましたが、ユーザーなどのオブジェクトは作成された時点で、作成の操作をおこなったドメインコントローラーからSIDと呼ばれる内部的な番号が割り当てられます。この番号はオブジェクト毎に固有であり、他のオブジェクトと重複することはありません。Active DirectoryおよびWindows OSでは、どのユーザーがサインインしたかのなどの識別だけでなく、アクセス許可や権限の設定にもSIDが使用されます。オブジェクトのSIDはシステムによって自動的に割り当てられる番号であるため、私たちが指定するものではありませんが、管理ツールから確認することは可能です。Active Directoryユーザーとコンピューターの管理ツールでオブジェクトのSIDを確認する場合は、[表示]メニューから[拡張機能]をオンにした上で、オブジェクトのプロパティを開き、[属性エディター]タブの[objectSid]という属性を参照します。 オブジェクトが存在し続ける限り、そのオブジェクトのSIDが変わることはありません。しかし、ユーザーなどのオブジェクトを削除し、誤った操作であることに気づいて慌てて同じユーザー名で再度作成したとしても、以前とは異なるSIDが割り当てられます。つまり、表面的な名前は同じでも、異なるユーザーとして扱われることになります。したがって、ユーザープロファイルも以前とは違うものとなり、アクセス許可や権限の設定も再度おこなう必要があります。 ■ オブジェクトの復元方法 オブジェクトを誤って削除してしまった場合における復元方法は、Active Directoryのごみ箱という機能を有効にしているかどうかによって大きく異なります。Active Directoryのごみ箱という機能は、その名の通り、「Windowsのデスクトップ画面にあるごみ箱」に相当するActive Directoryの機能です。 ・Active Directoryのごみ箱が無効な場合 → バックアップデータから復元後、Authoritative Restoreを実行...

ADAudit Plus , ADManager Plus , ADSelfService Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

第10回 CUIによるオブジェクト管理【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 6分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ CUIによるオブジェクトの管理方法について解説 前回までのコラムでは、オブジェクトを管理するために「Active Directoryユーザーとコンピューター」や「Active Directory管理センター」というGUIツールを紹介しました。今回は、CUIによるオブジェクト管理について解説します。 ■ 識別名とCUI管理ツール コマンドラインツールやWindows PowerShellなどのCUIを活用することで、複数のオブジェクトに対する一括操作を容易におこなうことができ、大量のオブジェクトを効率よく管理できます。CUIを使用してActive Directoryのオブジェクトを操作するためには、識別名(DN:Distinguished Name)と呼ばれる情報を理解しておく必要があります。 識別名とは、操作の対象となる「オブジェクトの場所を示す情報」です。識別名は、ディレクトリの階層の下から上の順に左からカンマ(,)で区切って記載します。また、その記載方法は、それぞれのオブジェクトの種類をCN(Common Name)、OU(Organizational Unit)、DC(Domain Component)で表し、オブジェクトの名前を指定します。たとえば、図のようなディレクトリの階層がある場合、このOUの配下にあるUserAの識別名は以下のようになります。 識別名を理解することにより、CUIの各種管理ツールを使用してオブジェクトの管理が可能になります。ドメインコントローラーをインストールすると、「Active Directoryユーザーとコンピューター」のようなGUIの管理ツールの他に、以下のようなCUIの管理ツールも一緒にインストールされます。 ・DSコマンド(Dsadd.exe、Dsmod.exe、Dsmove.exe) ・Csvde.exe...

ADManager Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

第9回 オブジェクトの管理(2)【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ Active Directoryデータベース内で管理されているオブジェクト「コンピューター」と「グループ」について解説 前回のコラムでは、Active Directoryデータベース内で管理されるオブジェクトのうち、OUとユーザーという2種類のオブジェクトの管理方法について解説しました。今回は、それ以外の代表的なオブジェクトである、コンピューターとグループについて解説します。 ■ コンピューター コンピューターとは、ドメインに参加しているコンピューター自体を認証するためのオブジェクトで、コンピューターアカウントとも呼ばれます。ドメインに参加するコンピューターは、起動時にコンピューターアカウントを使用して、ログオンをおこなっています。私たちからは見えていませんが、コンピューターを起動してユーザー認証がおこなわれる前に、コンピューター自体の認証がおこなわれているのです。 そして、コンピューターアカウントにもパスワードが設定されており、コンピューターアカウントの名前とパスワードを使用した認証がおこなわれています。コンピューターアカウントのパスワードは、私たちが決めるものではなく、Active Directoryによって生成されます。ドメインに参加した時点で、コンピューター名からコンピューターアカウントの作成および関連付けがおこなわれ、パスワードが生成されてドメインコントローラーからそのコンピューターに通知されます。また、ユーザーアカウントのパスワードと同じように、このパスワードは定期的に変更されます。既定では30日に1度のタイミングで変更され、このような動作をおこなうことで、コンピューター名を偽装してドメインへアクセスがおこなわれることを防いでいます。 コンピューターアカウントのプロセスはバックグラウンドでその都度おこなわれているため、そのコンピューターを定期的に起動して使用していれば、特別な管理は必要ありません。ただし、長期間使用しないコンピューターがある場合には、不正利用できないようにコンピューターアカウントを無効にして、ドメインの認証を禁止します。また、コンピューターアカウントにはパスワードが設定されているため、古いActive Directoryデータベースを復元した場合や、クライアントコンピューターのディスクイメージを復元した場合などでは、クライアントコンピューターとコンピューターアカウントのパスワードの不一致が起き、認証に失敗することがあります。コンピューターアカウントの認証に失敗しても、ユーザーの画面はユーザー認証の画面が表示されますが、ユーザー名とパスワードを正しく入力しても、以下のエラーでサインインできない状況になります。 このような状況になった場合は、コンピューターアカウントのリセットが必要です。リセットの方法はいくつかありますが最も一般的なのは、Active Directoryユーザーとコンピューターの管理ツールからコンピューターアカウントのリセットをおこなった上で、コンピューターのドメイン参加をやり直す方法です。 ■ グループ グループは、リソースへのアクセス許可の管理を効率的におこなうことを目的として使用されるオブジェクトで、グループアカウントとも呼ばれます。たとえば、同じアクセス許可や権限を複数のユーザーに割り当てたい場合、個々のユーザーに対してその割り当てをおこなうのは非効率であり、後でそれをまとめて変更したい場合も面倒です。グループを作成し、複数のユーザーなどをそのグループのメンバーとして設定すれば、グループの単位でアクセス許可や権限の割り当てがおこなえます。 グループ自体に設定するパラメーターの1つに、スコープがあります。スコープは、所属するメンバーとグループの使用範囲を決定するパラメーターであり、スコープの選択肢としては3種類があります。つまり、どのスコープでグループを作成するかによって、どのようなものを含められるかが異なるというわけです。3つのスコープのそれぞれに含めることができるオブジェクトは以下の通りです。 グループの作成を無計画におこなってしまうと、却って管理が煩雑化してしまいます。マイクロソフトが推奨するグループ作成および管理方針の1つにID-G-DL-A(またはID-G-U-DL-A)があります。これはID(Identities:ユーザーやコンピューター)をG(Global...

ADManager Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

第8回 オブジェクトの管理(1)【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ Active Directoryデータベース内で管理されているオブジェクト「OU」と「ユーザー」について解説 これまでのコラムでは、Active Directoryのデータベースやドメインコントローラーについて解説してきました。今回から2回にわたって、Active Directoryデータベース内で管理する「オブジェクト」について解説します。 ■ オブジェクト オブジェクトとは、Active Directoryデータベース内に登録されるアカウントやリソースの総称です。Active Directoryデータベースには様々な情報を登録し、その情報を利用することができますが、それらは総称してオブジェクトと呼ばれます。Active Directoryデータベースに登録する代表的なオブジェクトには、以下のようなものがあります。 ・ OU ・ ユーザー ・ コンピューター ・...

ADManager Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

【目次】 連載:ADについて学ぼう

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 0分 ADについて学ぼう~基礎編~ 基礎編(1) Active Directoryとは? 基礎編(2) Active Directoryの認証の仕組み 基礎編(3) Active Directoryの基本構成 基礎編(4) Active Directoryのサイトとは何か? 基礎編(5) Active DirectoryにおけるDNSの役割 基礎編(6) Active Directoryのグループポリシーとは? 基礎編(7) Active Directoryのアカウントポリシーとは? 基礎編(8) グループアカウントの種類と運用方法 基礎編(9) セキュリティ監査のためのグループポリシーの設定 ADについて学ぼう~導入編~ 導入編(1) 新しいユーザーアカウントの作成 ADについて学ぼう~応用編~ 応用編(1) Active Directoryの委任とは?権限委任で管理者の負担を軽減しよう!...

ADAudit Plus , ADManager Plus , ADSelfService Plus , 一般 1 min read

実は簡単!GPOのバックアップと復元方法【連載:ADについて学ぼう~応用編(6)~】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 【目次】 連載:ADについて学ぼう ◆ 目次 ・ バックアップの取得方法 ・ バックアップの復元方法(バックアップ元と同じGPOに復元する場合) ・ バックアップの復元方法(バックアップ元と異なるGPOに復元する場合)   「GPOを変更したら、予期していなかったところで影響がでてしまった・・。」 「ドメインコントローラーが故障してしまい、作成したGPOがすべて失われてしまった・・。」 そのような万が一の事態に備えて、GPOのバックアップを取得しておくに越したことはありません。この記事では、グループポリシー管理エディアを使用したGPOのバックアップ・復元方法についてご紹介します。GPOのバックアップ自体はとても簡単にできますので、大きな変更を加える前、あるいは保全のための定期的な作業として、取得しておくことをおすすめします。   ■ バックアップの取得方法 ———————————————————————————– 1.ドメインコントローラーからコマンドプロンプトを起動後、以下のコマンドを実行してグループポリシー管理エディタを開きます: gpmc.msc 図1. コマンドプロンプトの実行結果...

ADAudit Plus , ADManager Plus , ADSelfService Plus , 一般 1 min read

Active Directory ユーザープロファイルの消し忘れ、ツールでなくしませんか?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 「削除したドメインユーザーのプロファイルやフォルダーをうっかり消し忘れていた・・。」 「連携していたOffice 365上に、削除したドメインユーザーが存在したままになっていた・・。」 この記事では、そんな悩みを抱える方に是非ご活用いただきたい、ADManager Plusの「削除/無効化ポリシー」機能についてご紹介します。 ■ そもそもADManager Plusってどんな製品? ———————————————————————————– 「ADUC、PowerShellよりもっと簡単に」 がコンセプトのADManager Plusは、シンプルなWeb画面上から簡単にActive Directoryの管理を行うことができるActive Directory ID管理ソフトです。ユーザーの一括作成やファイルサーバーへの権限付与といった管理機能に加え、一定期間使用されていないユーザーの抽出やパスワードの期限切れが近いユーザーの抽出など、棚卸作業に役立つレポートを豊富に用意しています。 実際の操作画面を確認されたい方におすすめ! >> イメージがつかめる!10分動画を見る 今回取り上げる機能は、管理やレポートといったADManager Plusの主力機能には直接該当しないものの、Active Directoryの運用をぐっと効率化できる、便利な補助機能の1つです。「Active Directoryの管理作業を少しでもラクにしたい」という方の、業務の一助となれば幸いです。...

ADManager Plus 1 min read

第5回 Azure ADのユーザー・グループの管理(2)【MicrosoftのMVP解説!Azure ADの虎の巻】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 6分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ Azure AD Connectを使用した活用方法について解説 ・ Azure AD Connectを使用してActive DirectoryとAzure ADを同期する際の注意点について解説 ・ Azure AD Connectを使用して同期の設定を行う際のポイントについて解説 前回、Azure ADでユーザーやグループを作成する際、GUIから作成する方法や、Windows PowerShellコマンドレットを使って作成する方法をみてきました。Azure ADでは、これらの方法だけでなく、Azure Active...

ADManager Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

第3回 Active Directoryのキホン(2)【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ Active Directoryのキホンとなる3つのキーワード (スキーマ、パーティション、管理ツール) について解説 本コラムは前回に続いて、Active Directoryを管理していく上で「キホン」となる概念やキーワードについて解説していきます。まだ前回(第2回)のコラムをご覧いただいてない方は、ぜひ前回のコラムと併せてご覧になってください。今回は、「スキーマ」、「パーティション」、「管理ツール」という3つについてピックアップして解説します。 ■ スキーマ スキーマとは、Active Directoryの「オブジェクトに関する定義情報」となるものです。スキーマでは、どの種類のオブジェクトがどのような属性を使用するのかを関連付けて管理しており、オブジェクトの作成時などにはスキーマの情報が参照されます。Active Directoryには様々な種類のオブジェクトがありますが、ここではユーザーを例に考えてみましょう。ユーザーの作成そのものについては別のコラムで紹介しますが、ユーザーを作成してプロパティを確認すると、最初から様々な属性の項目が用意されています。これらが用意されているのは、スキーマ内で「ユーザーで使用する属性はコレとコレと…」というように既定で定義されているためなのです。 スキーマには、「クラス」と「属性」という2つの情報が存在します。このうち、「クラス」がオブジェクトの種類を表すもので、ユーザー、コンピューター、グループなどの様々なクラスが存在します。一方、「属性」は各オブジェクトのプロパティの項目を表すもので、表示名、ログオン名、電話番号、電子メール、などの様々な属性が存在します。スキーマではこの2つの情報を関連付けて、どのクラスでどの属性を使用するかを管理しています。そのため、いつオブジェクトを作成しても同じ属性の項目が使用できるようになっているのです。 ■ パーティション パーティションとは、「Active Directoryデータベース内の論理的な”仕切り”」です。Active Directoryデータベースはntds.ditという単一のファイルで存在し、ドメインコントローラー上で管理されます。しかし、このファイル内には、論理的な仕切りであるいくつかのパーティションを持っており、どの情報がどのパーティション内に格納されるかが決まっています。また、Active Directoryデータベースは可用性を高めるために複数のドメインコントローラー間で複製されますが、パーティションによってどの範囲のドメインコントローラーと複製するのかも異なります。Active...

ADManager Plus , セキュリティ , 一般 1 min read