ADAudit Plus

ゾーホージャパンのManageEngine ADAudit Plusは、Active Directory管理者の変更操作チェック、IT統制、J-SOX対応の業務負荷軽減に貢献する、AD監査レポートツールです。 Visit:

紙で勤怠管理の時代はもう終わり?ログを活用した勤怠管理という選択肢

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 皆さまの企業では、どのように勤怠管理をしていますか? ビジネスの収益性に大きく影響するのが従業員の「実務時間」、つまり日々の業務の中で、従業員がどれほどの時間を業務に費やしているかです。しかし、勤怠をタイムカードや出勤簿、あるいはエクセルシート等で管理していた場合、その正確性は従業員の裁量にゆだねられるため、提示された情報か正しいかどうかの判断が難しいという面があります。 東京都産業労働局が公開した「労働時間管理に関する実態調査(平成29年3月)」によると、以下の調査結果が報告されています。 労働時間の管理方法は、一般労働者については、「タイムカード・ICカード等」(62.2%)が最も多く、次いで、「自己申告」(19.9%)、「上司が確認・記録」(10.6%)となっている 管理職についても「タイムカード・ICカード等」(53.3%)が最も多く、「自己申告」(23.4%)がこれに続いている。 この結果からも見てわかる通り、現在でも従業員本人の申告に基づく勤怠管理を行っている企業が過半数を占めており、勤怠のつけ忘れ等といった人的ミスを防ぐための対策が必須となります。そこで、近年では社内PCの操作ログを取得し、コンピューターの起動時間、停止時間を集計することで、より正確な実務時間の把握を目指す企業が増加しています。 ADAudit Plusの「ユーザーアテンダンス」レポートでは、収集したイベントログを元に、従業員が実際にコンピューターを操作した時間を算出します。活動時間を算出する際はユーザーのログオン/ログオフ時間を追跡しますが、退勤の都度ログオフやシャットダウンを実施しないというユーザーのため、スクリーンセーバーの起動、画面のロック、リモートセッションの切断などの情報も加味して活動時間を算出します。これにより、従業員が実際に社内PCを操作していた時間を、正確に把握することが可能となります。 ADAudit Plusとは? Active Directoryのログをリアルタイムで収集して、200以上のレポートで可視化、およびアラート通知などを行うWebベースのオンプレミス型ソフトウェアです。Windowsドメイン上で管理されている、ドメインコントローラー/ファイルサーバー/メンバーサーバー/PCなどのITリソース、およびユーザー/グループ/ポリシーなどのオブジェクト情報から、簡単に監査レポートを作成します。   以下が、ADAudit Plusの実際のレポート画面です。 さらに、[詳細]リンクをクリックすると、以下のようにスクリーンセーバーの起動やロック時間を除いた、実際の勤務時間が一覧で表示されます。 また、レポートはCSV/PDF/XLS/HTML形式でのエクスポートに対応しているため、定期的にローカルへ保存、あるいは担当者へメール送付することが可能です。 このように、ADAudit PlusではActive Directoryで発生した変更を可視化するだけではなく、ログに基づく従業員の勤怠管理にも対応しています。 なお、実際にADAudit Plusを操作して機能をご確認されたい場合は、30日間無料でフル機能をご利用いただける評価版もございますので、是非一度ご評価いただければと思います。...

ADAudit Plus 1 min read

【MicrosoftのMVP解説!Azure ADの虎の巻】第4回 Azure ADのユーザー・グループの管理(1)

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 7分 今回の記事のポイント ・ PowerShellでAzure ADへ接続する方法について解説 ・ CSVファイルのインポートによるAzure ADアカウントの一括登録方法について解説 ・ CSVファイルのインポートによるグループへの登録方法について解説   前回、Azure ADディレクトリの作成方法についてみてきました。Azure ADのディレクトリが作成できたら、オンプレミスのActive Directoryの時と同じように続いてユーザーとグループを作成します。そこで今回はユーザーとグループを効率よく管理するための方法について見ていきます。 最も簡単なAzure ADのユーザーとグループの作成方法はGUIの画面から作成することです。Office 365の管理画面であるMicrosoft 365 管理センター(https://portal.office.com/)や、Azure AD専用の管理画面であるAzure Active Directory管理センター(https://aad.portal.azure.com/)から作成します。...

ADAudit Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

【ここに注目!セキュリティログをご紹介】Windowsのログオン成功イベントを監査

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 Windowsのログオン成功イベントに注目 イベントビューア上に出力されるイベントID:4624は、ローカルコンピューター上で発生したログオン成功イベントを記録しています。このイベントは、アクセスのあったコンピューター上、言い換えればログオンセッションが生成されたコンピューター上に生成されます。対するイベントID:4625は、ログオン失敗イベントが発生した際に生成されるイベントログとなり、こちらについては次回で詳しくご紹介していきたいと思います。 イベントID:4624は、以下のOSに出力されます。 Windows 7, Windows 8.1, Windows 10, Windows Server 2008, Windows Server 2012, Windows Server 2016 ※ Windows Server 2003以前の場合、同じ内容のイベントがイベントID:528・540として出力されます。...

ADAudit Plus 1 min read

【ここに注目!セキュリティログをご紹介】Windowsのログオン失敗イベントを監査

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 Windowsのログオン失敗イベントに注目 イベントビューア上に出力されるイベントID:4625は、ローカルコンピューター上で発生したログオン失敗イベントを記録しています。このイベントは、ログオンの試行があったコンピューター上に生成されます。 イベントID:4625が出力されるOSは、以下の通りです。 Windows 7, Windows 8.1, Windows 10, Windows Server 2008, Windows Server 2012, Windows Server 2016 ※ Windows Server 2003以前の場合、同じ内容のイベントがイベントID:529・530・531・532・533・534・535・536・537・539として出力されます。...

ADAudit Plus 1 min read

ログの相関分析でサイバー攻撃の兆候をいち早く検知

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 増えつづけるサイバー攻撃 2017年に世界で猛威を振るった「WannaCry」を代表に、今年12月には実名制Q&Aサイトを運営する米Quoraで約1億人のユーザー情報が漏洩するなど、昨今、サイバー攻撃関連のニュースは注目を集めてきました。 攻撃が成功する要素は、大きく2つ挙げられます。1つはセキュリティホールといわれる抜け穴の存在、そしてもう1つは悪意ある内部関係者の存在です。この2つに対して、企業の大半はなんらかの対策を講じているにも関わらず、被害件数は一向に衰える気配をみせません。 以下は、NICTサイバーセキュリティ研究所がまとめた分析結果です。2017年に観測されたサイバー攻撃関連の通信は計1,504億パケットにも上り、1 IPアドレスあたり、年間約56万パケットが計測されている計算となります。中でも2016年以降から、その量が顕著に増え続けているのがグラフから明らかです。 【ダークネット観測統計 1 IPアドレスあたりの年間総観測パケット数】 出典:NICTER観測レポート2017の公開 組織で導入されているITインフラストラクチャは多岐にわたり、近年はクラウドとオンプレミスが混在した運用も珍しくありません。ITリソースには、スイッチ・ルーター・ファイアウォール・コンピューターなど、多様なネットワークデバイスが含まれます。そのすべてに対して、出力されるログを個々に監視し、攻撃の兆候を検知することは、システム管理者にとって簡単なことではありません。 ログをためて終わり、そんな状況になっていませんか? 「なにか問題が起きたときのため、とりあえずログをためておこう」 そのような考えの元、ひとまずログをためているという企業は少なくないかと思います。実際、有事の際に被害の発生経路や要因を調査するためのトレーサビリティを確保することは重要であり、JPCERT/CCでも最低1年間のログ保管が推奨されています。 【標的型攻撃対策におけるログ保管の種類と推奨期間】 ※ 「ログを活用した高度サイバー攻撃の早期発見と分析 (プレゼンテーション資料)」を参照の上、編集・加筆 しかし、ログの長期保管により攻撃が判明した時に調査を行うことができたとしても、攻撃を未然に、あるいは早期に検知し、被害を最小限に留める「セキュリティ対策面」までは対応できません。そこでSIEMのような相関分析に対応しているツールを使用することで、異なるデバイスのログを一元的に保管するだけでなく、それらのログを相関的に分析して攻撃の兆候を検知することが可能です。 < あわせてCHECK! > SIEMという選択(前編)...

ADAudit Plus , EventLog Analyzer 1 min read

AD監査の負荷をツールで大幅軽減!【2】 リアルタイムのログ収集

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 Active Directoryにて発生するイベントの中で、発生次第すぐに通知を受けたいイベントはありませんか?多くのIT担当者の方にとって、そのような要注意イベントは少なからず存在しているかと思います。そして発生次第すぐ、というのは、3分後、5分後のことをいっているのではなく、イベントが発生した「その瞬間」、という意味です。 多くのイベントログ収集ツールは、スケジュールベースで一定間隔ごとにドメインコントローラーからイベントを収集する仕組みを採用していますが、その場合、5分から30分ほどのインターバルのログ取得間隔が必要になります。つまり、たとえ特定のイベントに対する変更に関連付けたアラートを設定していたとしても、アラート通知は、実際のイベントが生成されてから最低でも5分以上かかる場合があり、時にその5分が致命的となる可能性があります。 ADAudit Plusはこの問題を解決するために、Windows Serverが採用している、Microsoft独自のアルゴリズムを使用した技術をベースに、リアルタイムのイベント収集・アラート通知を行うことが可能です。 この技術の仕組みとして、以前から使用されているAPI機能を活用した方法となりますが、各ドメインコントローラーのセキュリティログに「ステート変更」シグナル信号を送り続け、ADAudit Plusで定義している基準に一致したイベントが発生した場合に、プル サブスクリプションモデルを使用して、イベントを収集します。これにより、ADAudit Plusはリアルタイムでイベントの収集を行ったり、特定のイベントが発生した際には即座にアラート通知を行うこと可能となります。 この技術の最大のメリットとして、不要なログを取得しないためドメインコントローラーへの負荷軽減となり、エージェントも必要としないため構成変更を行なう必要もありません。また、ドメインコントローラーが停止した際に、復旧後にはその間に発生しているイベントもADAudit Plusサーバーが取得できるという点もメリットであります。 なおリアルタイム監査の有効化は、Webクライアント画面上の[ドメインコントローラー設定]から行うことが可能です。 図1 ドメインコントローラー設定画面 [ドメインコントローラー設定]画面には、[イベント取得間隔]を設定する項目があります。イベント取得間隔には2つのモードがあり、「リアルタイムモード」と「スケジュールモード」のいずれかから選択することが可能です。 図2 イベント取得間隔のモード ここで「リアルタイムモード」を選択することで、遅延のない、即座のイベントログ収集が可能になります。なお基本的にはリアルタイムモードでのログ収集を推奨していますが、「スケジュールモード」を選択することで、5分単位でのスケジュール設定を行うことも可能です。 図3 スケジュールモード もし、少しでもADAudit Plusにご興味を持っていただけましたら、「30日間の無料トライアル(評価版)」を是非お試しください。 評価期間中は、技術サポートもご利用可能です。 ※本記事にて掲載しているスクリーンショットは、ADAudit...

ADAudit Plus 1 min read

AD監査の負荷をツールで大幅軽減!【1】 ADAudit Plusってどんな製品?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 ADAudit Plusは、Microsoftが提供するディレクトリ サービスであるActive Directoryを監査するレポートツールです。本製品を使うことで、Windowsドメイン上で管理されているドメインコントローラー/メンバーサーバー/ファイルサーバーなどのリソース、そしてユーザーやグループ、グループ ポリシーなどのオブジェクト情報から、 「簡単に」かつ「見やすい」 監査レポートを生成することが可能です。 本製品の特徴として、インストールから利用開始までおよそ10分間で行うことができるという導入の簡単さが挙げられます。監査に必要な手順はたったひとつ、「ドメインコントローラー」の登録のみです。以下に、ドメインコントローラーに関して必要となる設定情報についてご案内します。 図:ドメインコントローラー追加画面 1. ドメイン名を入力します。 2. ドメインコントローラーよりログを取得する際に使用するアカウント情報を入力します。 ※Domain Admin以上の権限が必要です。 3. 対象ドメインに対するドメインコントローラーを選択します。 また、ADAudit Plusはイベントログを収集して監査を行います。そのため、必要な監査ログが出力されるよう、監査ポリシーの設定が必要となりますが、ADAudit Plusでは、必要な監査ポリシーの設定も、同画面からワンクリックで行うことが可能です。 図:ドメイン設定画面 このようにユーザーは複雑な設定を一切行う必要がなく、ドメインコントローラーを登録していただくだけで、直ちにリアルタイムのログ収集・監査を行うことが可能です。...

ADAudit Plus 1 min read

SIEMという選択(後編) – SIEM製品を選択する基準とは?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 記事の前編では、企業がSIEMを選択すべき理由について解説しました。後編となる今回は、SIEM製品を選定する際の基準についてご紹介します。 ■ SIEM製品の選定で重要となる「予算面」 SIEM製品を選定する際、予算というのは非常に重要な検討項目の一つです。SIEM製品によっては、処理するログ流量がライセンスの課金対象となっているものもあれば、監視対象となるデバイス数に基づき課金されるものもあります。デバイス数に基づく価格設定となっており、ログ流量には影響されない場合、生成されるログのボリュームの量にかかわらず金額が一定となるため、コストの見積もりが容易になります。 しかし、予算以外にも重要な事項はもちろん存在します。そのいくつかを、以下でご紹介したいと思います。 ■ SIEM製品を選定する際に考慮すべき4つの事項 1.対応デバイスの範囲:ルーター・スイッチ・ファイアウォール・IDS/IPSなどのネットワークデバイスに加え、アプリケーション、サーバー、ワークステーション、さらにはクラウドサービスなど、様々なデバイス・サービスが企業で利用されています。SIEM製品を導入する際には、監視対象とするデバイスを一つのツールで包括的に管理できるかどうか、さらにデバイスの登録に多くの工数を必要としないかという点も併せて確認することが大切です。 ManageEngine Log360は、750を超えるデバイスからのログ収集に対応しています。また、「追加フィールド機能」を使用することで、正規表現を使用した解析ルールを自由に定義することができ、可視性を高めることが可能です。   2.ログを分析・可視化するレポーティング機能:SIEM製品の特長として、複数ログに対する横断的な分析への対応が挙げられます。ログ管理プロセスを自動化し、重要なメッセージを監視することで、脅威の早期検知に寄与します。そのためには、セキュリティ面だけでなく、対応が必要なコンプライアンスの双方に対して有用なレポートがデフォルトで搭載されており、効率よくログの可視性を高めることができるSIEM製品が推奨されます。また、重要性の高い情報を一画面に集約したダッシュボード画面と、そこから必要な情報を数クリックで掘り下げて確認できるドリルダウン機能が含まれていることで、分析に伴う作業の効率性をさらに高めることが可能です。 ManageEngine Log360には、サポートデバイスを対象とした1,000以上の定義済みレポートが用意されています。また、PCI-DSS・SOX・GDPRをはじめとする各種コンプライアンスに対応したコンプライアンスレポートにより、コンプライアンス対応をスムーズに行うことが可能です。   3.フォレンジック分析:ログ分析にかかる時間は、攻撃を検知するまでにかかる時間と比例します。記事の前編でもご案内しましたが、「攻撃の検知」は「攻撃の遂行」と比べて大幅に時間がかかる傾向にあります。したがってSIEM製品に求められるのは、幅広いデバイスから受信する大量のログを取りこぼしなく収集し、それを相関的に分析するとともに、疑わしいログが発生した際に即座に通知を行うような機能の搭載です。また、インシデントが発生した際に過去のログを遡って調査ができるよう、ログを長期保管できる仕組みも大切です。 ManageEngine Log360のコリレーション機能を使用することで、異なるデバイス、異なるログ種別から発生したログを相関的に分析して、ネットワーク間で発生している不審な動きを検知することが可能です。また、ログの長期保管を行う場合は、アーカイブ化を行うことで圧縮した状態での保存ができ、さらに必要に応じて暗号化や改ざん検知の設定を行うことで、よりセキュアにデータを保持できます。   4.柔軟なカスタマイズ:たとえSIEM製品にセキュリティ(コンプライアンス)レポート、アラートプロファイルや相関分析のルールが豊富に組み込まれていたとしても、それが企業の運用ルールに合致していない、あるいは使いづらいなどで利用が難しい場合、無駄なものとなってしまいます。そこで、アラートプロファイルのしきい値を微調整したり、レポートの項目を変更するなど、企業に合わせた柔軟なカスタマイズが必須です。故にSIEM製品には、「豊富なレポートの提供」と、それに対して簡単に変更を加えられる「カスタマイズ性」の2点が備わっていることが求められます。 ManageEngine Log360のコリレーション機能は、企業の運用に合わせて自由にしきい値を変更したり、ルールの再定義を行うことが可能です。...

ADAudit Plus , EventLog Analyzer , セキュリティ 1 min read

Log360がガートナー社のマジック・クアドラント(SIEM部門)に2年連続で掲載!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 ManageEngine Log360は2016年に続き、”2年連続”でガートナー社のマジック・クアドラント(SIEM部門)に掲載されました。 ガートナー社とは、米国に本社をおく業界最大のアドバイザリ企業です。マジック・クアドラントでは、特定のテクノロジー市場における販売会社を、ガートナー社が中立的な立場から「リーダー」・「ビジョナリー」・「ニッチ」・「チャレンジャー」という4つのクアドラントに分類し、その位置づけを公開しています。 なお、Log360は2016年3月に本社リリース、そして2018年9月に日本リリースされた製品で、「ログの統合管理」に特化した簡易SIEMツールとなりますが、リリースの年である2016年、そして2017年と続いて「ニッチ(特定市場志向型)」としての位置づけで掲載されました。 レポートにて、ガートナー社のアナリストはLog360の強みを以下のように述べています: ・ 統合管理ソリューションに関心のあるManageEngineの既存ユーザー、あるいはコストパフォーマンスに優れたシンプルなSIEMツールを探している企業は、Log360やEventLog Analyzerの利用が推奨されます。 ・ Log360には、監査とコンプライアンスに関わる機能が数多く提供されています。複数のコンプライアンスに特化したレポートを含めて、1,200以上の定義済みレポートが存在します。 ・ ADAudit Plusは、単一または複数のActive Directory(ドメインコントローラー)を対象とした、認証・アクセスなどの監査に対応しており、内部統制対策としての機能を提供します。 ・ Log360は他の多くのSIEMツールと比較すると、シンプルな構造になっているため、直感的に使用することが可能です。また、脅威検知を含む、幅広いコリレーションルールがあらかじめ用意されており、特にWindowsを対象とした定義済みレポートや解析ルールが豊富に備わっています。 >> 原文となるマジック・クアドラントレポートはこちらをご参照ください。(英語) ガートナー社の免責事項 ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。   <...

ADAudit Plus , EventLog Analyzer , セキュリティ , 一般 1 min read

【MicrosoftのMVP解説!Azure ADの虎の巻】第3回 Azure ADの利用開始

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 今回の記事のポイント ・ Azure ADにおける「ディレクトリ」の意味について解説 ・ Azure ADディレクトリの作成方法について解説   今回からいよいよAzure Active Directory (Azure AD) の具体的な操作も交えながら、その特徴について見ていきます。 Azure ADでは「ディレクトリ」と呼ばれる単位で管理を行います。オンプレミスで運用するActive Directoryで言うところの「ドメイン」に当たるものだと思ってもらえれば、分かりやすいと思います。Azure ADでは「ドメイン」という言葉は、Azure ADディレクトリに対して設定する、example.comやcotoso.comのような名前のことを指すために、「Azure ADドメイン」ではなく「Azure ADディレクトリ」という呼び方をするようです。しかし、実際にはディレクトリとドメインの言葉は、区別せずに使ってしまうことが多いようです。ですので、そういう違いがあるという認識をしていただいた上で、どちらでも皆さんにとって使いやすい言葉を選択してください。 前置きはこんなところにして、実際にディレクトリを作っていきましょう。...

ADAudit Plus , クラウドサービス , セキュリティ , 一般 1 min read