Category Banner

Reading Time: 1 minutes

ManageEngine®ServiceDesk Plus

サービスデスク運用・構築支援ツールServiceDesk Plusをご利用中の皆さん。

“役割”機能は活用していますか?

ユーザによって、閲覧できるタブを制限したり、削除や編集などのアクションが出来ないようにしたり。

企業のセキュリティ強化にも役立ち、また自分の担当外の閲覧や操作が制限される分、業務効率も良くなります。

ServiceDesk Plusの役割機能を使うと、例えばこんな複雑な権限設定が可能です。

ヘルプデスク部門の部長
リクエストの表示:○
リクエストの追加:○
リクエストの削除:○
資産の表示:○

とある支社のヘルプデスク部門のマネージャー

リクエストの表示:○
リクエストの追加:○
リクエストの削除:○
資産の表示:○   ※ただし、割り当てられているサイトのみ

普通のヘルプデスク担当者A子さん
リクエストの表示:○   ※ただし、自分が割り当てられたリクエストのみ
リクエストの追加:○
リクエストの削除:×
資産の表示:×

 

以上のような権限をもつ新しい役割を、自分で作ることもできますし、

ServiceDesk Plusにデフォルトで設定されている権限を活用することもできます。

それではこちらのビデオをご覧ください。

ゾーホージャパン株式会社 ManageEngine事業
マーケティング担当    山田 愛里


フィードバックフォーム

当サイトで検証してほしいこと、記事にしてほしい題材などありましたら、以下のフィードバックフォームよりお気軽にお知らせください。

Comments are closed.