Reading Time: 1 minutes

◆今回の記事のポイント◆
★Microsoft 365ポータルとMicrosoft365管理センターについて
★Microsoft 365管理センターの内容について

 

◆MicrosoftのMVP解説シリーズ バックナンバー◆

 

前回は、Microsoft 365(旧称:Office 365)を使い始めるためのステップや試用版契約時の注意点などについて紹介しましたが、今回からはいよいよ管理の話になります。今回から数回にわたって、Microsoft 365の初期設定などの管理に関わる内容を順に紹介していきます。

★Microsoft 365ポータル(旧称:Office 365ポータル)とMicrosoft 365管理センター

Microsoft 365の契約をおこなうと、「Microsoft 365ポータル」と呼ばれるWebサイトにサインインできるようになります。Microsoft 365ポータルは、Microsoft 365のライセンスを持つすべてのユーザーがアクセス可能なWebサイトです。ポータルと呼ばれるように、Microsoft 365を利用するユーザーはこのWebサイトにアクセスして、ブラウザーからExchange OnlineのメールサービスやOneDriveのストレージなどのMicrosoft 365に含まれるサービスを利用できます。

また、契約時に指定したユーザーは管理権限を持っているため、「Microsoft 365管理センター」と呼ばれる、管理用のWebサイトにもアクセスできます。Microsoft 365管理センターはその名の通り、管理者が管理タスクを実行するためのWebサイトであり、ユーザー/グループの管理や課金情報の確認、サービスごとの管理などをおこなうことができます。

★Microsoft 365管理センターの内容解説(1)

Microsoft 365管理センターの画面にどのようなメニューが用意されているかを知らないことには、管理や設定のしようがありません。ということで、ここからは、Microsoft 365管理センターの左ペインに表示される各ナビゲーションメニューの内容を紹介します。

なお、Microsoft 365管理センターには豊富なメニューが用意されており、一度では紹介しきれないため、次回の投稿も合わせてお読みいただくと良いと思います。また、実際の画面で確認する場合、既定では全てのメニューが表示されておらず、特定のメニューだけが表示されています。その場合は[すべてを表示]をクリックすると全てのメニューが表示されます。ちなみに、[ナビゲーションのカスタマイズ]をクリックすれば、簡易表示での各メニューの表示/非表示を切り替えることも可能です。

今回は、Microsoft 365管理センターのナビゲーションメニューのうち、以下赤枠の範囲を紹介します。

■ホーム
ダッシュボードとして使用できるメニューです。このメニューでは、Microsoft 365の管理に関わる特定の内容を「カード」として好きな場所に並べることができます。「アクティブなユーザー」や「請求」などのカードが用意されており、カードから各メニューにアクセスすることもできます。

■ユーザー
Microsoft 365のユーザー、すなわちAzure ADユーザーを管理するためのメニューです。既定では契約時に指定したユーザーしか存在していないため、Microsoft 365を利用する従業員の情報をユーザーとして作成します。また、ライセンスの割り当てやパスワードのリセットなどをおこなうためにもこのメニューを使用します。

■グループ
Microsoft 365のグループ、すなわちAzure ADグループを管理するためのメニューです。Microsoft 365のリソースへのアクセス権設定や、Exchange Onlineで複数のユーザーに一斉にメールを送信するためのグループ作成などに利用します。

■役割
Microsoft 365の管理権限を制御するためのメニューです。Microsoft 365およびAzure ADでは、「役割(ロール)」と呼ばれる管理権限のセットがあり、役割をユーザーに割り当てることで管理の委任をおこなうことができます。契約時に指定したユーザーは、「全体管理者」という役割が与えられているため、Microsoft 365およびAzure ADに対する管理権限を持っています。

■リソース
Exchange Onlineで予約管理をおこなう場合の対象となる会議室と備品を管理するためのメニューと、SharePoint Onlineのサイトを管理するためのメニューが含まれています。なお、各サービスの管理センターから管理をおこなうこともできます。

今回の投稿で紹介したメニューは、Microsoft 365管理センターのメニューの中でも比較的使用頻度の高いメニューと言えるでしょう。今回取り上げていないメニューについては次回の投稿で紹介しますので、次回も楽しみにしていただければと思います。

筆者紹介
新井 慎太郎 (あらい しんたろう)
株式会社ソフィアネットワークに勤務し、2009年よりマイクロソフト認定トレーナーとしてトレーニングの開催やコース開発に従事。前職である会計ソフトメーカー勤務時には、会計ソフトの導入サポート支援や業務別講習会講師を担当。これらの経歴も活かして、ユーザー視点や過去の経験談なども交えながらのトレーニングを提供し、近年はMicrosoft AzureやMicrosoft Intuneなどのクラウドサービスを主な担当領域とする。講師として活動しながら、書籍の執筆などの活動も評価され、2017~2020年にかけてMicrosoft MVP for Enterprise Mobilityを受賞。
主な著作は『ひと目でわかるAzure Information Protection』 (日経BP)、『徹底攻略MCP問題集 Windows Server 2016』『徹底攻略MCP問題集 Windows 10』(インプレスジャパン)、『ひとり情シスのためのWindows Server逆引きデザインパターン』 (エクスナレッジ) など。

ゾーホー社員のつぶやき

こんにちは!ゾーホージャパンの近藤です。ようやく梅雨もあがり、気持ちのいい青空が広がっています。いよいよ夏本番ですね。今年の夏は、「コロナ」と「猛暑」をいかに乗り切るかが焦点となりますが、何か対策は考えていらっしゃいますか?暑さとコロナを回避するには、「換気」が重要なポイントとなります。機械換気で空気環境を制御しているオフィスビルは昨年よりも外気を多く取り入れるよう空調システムの運用を見直したり、窓がある部屋などは、窓を開けての自然換気で空気の流れをよくすることが大切ですね。

さて今回は、Microsoft 365の管理センターの主要な5つのメニューについて学びました。Microsoft 365 管理センターは、IT管理部門が Microsoft 365 サービスを簡単に管理できるよう構成されており、 各組織や企業のニーズにあわせて機能をカスタマイズできる特徴があります。

前回も本コラムでお伝えしましたが、弊社製品「O365 Manager Plus」の管理機能についておさらいです。「O365 Manager Plus」の管理機能は、Microsoft 365ツールに標準で備わっている機能よりも詳細な管理が可能であり、各組織や企業のニーズに柔軟に対応できる特長があります。例えば、Exchange Onlineの管理についてですが、メールボックスの一括処理によって余分な作業を省略する機能や、連絡先とパブリックフォルダー管理の機能も提供しています。各組織や企業の定常業務やニーズにあわせて効率の良い操作環境を提供できるので、社員の生産性もぐーんとアップしますよ。

O365 Manager Plusとは?

Microsoft 365の定義済みレポートを包括的に提供し、大量のユーザー管理、大量のメールボックス管理、ログ監査、サービス監視、セキュア委任などを含む複雑な作業の実行に貢献します。
使いやすいインターフェイスで、Exchange Online、Azure Active Directory、Skype for Business、OneDrive for Business、Microsoft Teams、その他のMicrosoft 365サービスを一箇所で管理または可視化することができます。

O365 Manager Plusについて詳しく知りたい、一度使ってみたいという方は、ぜひ以下のURLにアクセスしてください。

O365 Manager Plusの製品ページはこちら
O365 Manager Plusの概要資料ダウンロードページはこちら
O365 Manager Plusの無料評価版ダウンロードページはこちら

▼▼ 別シリーズのブログ記事もチェック! ▼▼
Microsoft MVPシリーズ第一弾:AzureADを利用する意味【AzureADの虎の巻】
Microsoft MVPシリーズ第二弾:Active Directoryの必要性【Active Directoryのハウツー読本】
Microsoft MVPシリーズ第四弾:ファイルサーバーのアクセス許可【ファイルサーバー管理のいろはを学ぶ】

>> 第2回 導入計画と試用版契約
<< 第4回 Microsoft 365管理センターの内容解説(2)

 


フィードバックフォーム

当サイトで検証してほしいこと、記事にしてほしい題材などありましたら、以下のフィードバックフォームよりお気軽にお知らせください。