トピック一覧
Latest Posts

<Webセミナーレポート> ITSMツール × 自動化のパワー!ヘルプデスク、インシデント管理の工数を削減する運用術|2022年8月4日開催

Reading Time: 1 minutes■ Webセミナー概要 ヘルプデスクの管理者からよく伺う困りごとが「非効率な運用を何とかしたい」「スピーディーにインシデントを解決したい」の声です。そこで今回のWebセミナーでは、インシデント管理の工数を削減できるITSMツールの活用方法についてご紹介しました。 「ITSMツール×自動化」には、どのようなメリットがあるのか?ITSMツール「ServiceDesk Plus」には、ヘルプデスク業務をサポートするどのような機能があるのか?... >>続きを読む

ITIL® ITサービスマネジメント , ServiceDesk Plus , ServiceDesk Plus Cloud 1 min read

OpManagerが「ITreview Grid Award 2022 Summer」ネットワーク管理部門で殿堂入り!

Reading Time: 1 minutesアイティクラウド社が主催する「ITreview Grid Award 2022 Summer」において、... >>続きを読む

OpManager 1 min read

ネットワーク障害は想像以上の損失!? 年間1,000万以上の損失を削減するケースをご紹介

Reading Time: 1 minutes社内のネットワークが障害で止まってしまった時間、どれだけの損失になっているかを考えたことがありますでしょうか? 基幹システムや社内LANが使えなくなった場合、調査に時間や費用がかかるのはもちろん、業務を進められないことによる損失も発生しています。 たとえば基幹システムが半日ダウンした場合、そのシステムが生み出す半日分の売上を失ったことを意味します。 この記事では実際の事例を基に、当社の統合ネットワーク監視ツール「OpManager Plus」でどれだけ損失を防ぐことができるのかを検証します。... >>続きを読む

OpManager 1 min read

月に1度の恒例行事! 2022年7月度のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要

Reading Time: 1 minutesこんにちは、ManageEngineコンテンツ担当の園部です。 2022年7月のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要を解説します。 月例のセキュリティ更新プログラムとは? 月例のセキュリティ更新プログラムとは、Microsoft社が毎月第2火曜(日本時間で水曜日の場合もあります)に公開する、OSやその他の関連アプリケーションのセキュリティアップデートやその他アップデートのことを指します。この配信のことを「パッチチューズデー」などと呼ぶこともあります。 バグや脆弱性・ゼロデイ脆弱性を修正するための重要なセキュリティアップデートがこの日に多くリリースされます。... >>続きを読む

Desktop Central , Patch Manager Plus 1 min read

仮想ネットワークとは?定番の技術から最新の情報まで徹底解説

Reading Time: 1 minutes仮想ネットワークとは? 仮想ネットワークとは、物理的なネットワーク構成にかかわらず、論理的に作成したネットワークのこと、もしくはそれを実現するための仕組みのことを指します。 例えば、スイッチ(スイッチングハブ)やLANケーブル・ルーターなどを複数用いて構成した、1つの大きな物理ネットワークがあるとします。とある組織では、複数のグループでこのネットワークを共有しています。 ある時、セキュリティ上の観点から、グループごとに使用するネットワークを分ける必要がでてきました。 ネットワークを分ける場合、物理ネットワークでこれを実現するには、ルーターをもう一台用意し、既にある配線とスイッチ・ルーターの設定を変更しなければなりません。... >>続きを読む

NetFlow Analyzer , OpManager 1 min read

サイバーセキュリティ分野のAIの光と闇

Reading Time: 1 minutes企業ネットワークへのIoTデバイスの流入、サービスやアプリケーションのクラウドへの移行、複数のサードパーティとの統合など、企業のセキュリティは今や信じられないほど複雑になっています。サイバー攻撃の標的となりうる対象が多様化するにつれ、攻撃者も益々多くのネットワークの抜け穴を突いてきます。このような要因もあり、攻撃をより早い段階で予測し、その根を絶やすことができる先手の防御策の導入が益々必要性を増してきています。 人工知能(AI)は、デジタル化する今日の環境における劇薬となりつつあります。そして、サイバーセキュリティ分野に於けるAI技術の導入は、巧妙化するサイバー攻撃に対抗する、より先手必勝なソリューションを実現するための、最良の方法であると認識されつつあります。しかし、多種多様な場面で使えるAIの機能性は、一歩間違えればハッカー達にとって非常に有利な武器になってしまう恐れもあります。そこで当ブログでは、AI技術が、守る側と攻撃する側にてどのように利用されうるのか、について詳しく説明していきます。 サイバーセキュリティの騎士、AI AIサイバーセキュリティ・ソリューションを持つことのメリットは多岐にわたります。サイバー脅威を予測するための洞察的な方法から、日常的なセキュリティ対策の実施まで、AIは企業のセキュリティに対するアプローチをシンプルにすることができるのです。 ここでは、AIを導入した場合のサイバーセキュリティの利点について、具体的にご紹介します。... >>続きを読む

Log360 1 min read

アノマリー(異常)の検知とは

Reading Time: 1 minutes“Anomaly is what escapes not... >>続きを読む

Log360 1 min read

一辺倒なサイバーセキュリティ施策ではダメな理由

Reading Time: 1 minutesなぜ、一辺倒なセキュリティ施策ではダメなのか。 それには、年次や季節によって発生する様々な事象が関係しています。それをここでは、「季節性」と呼ぶことにします。そんな「季節性」がどのようにセキュリティ施策と関係してくるのか、実際に企業にてよく生じる事象を例にとってみましょう。 企業ネットワークでは、ユーザーやホストは次のような「季節性」をもって、行動をする傾向にあります。 毎週月曜日に大量のクエリーが発生するデータベースサーバー 隔週で土曜日に仕事をするユーザー... >>続きを読む

Log360 1 min read

AIが組織のサイバーリスクの評価方法をどのように改善できるのか

Reading Time: 1 minutesここ10年間で、AI(Artifitial Intelligence)は画期的な技術の進歩として台頭してきました。実際社会のあらゆる場面での応用例が増え続けることで、AIは世の中での有用性を示し、着実に支持者を増やしてきています。そしてリモートワーク環境の従業員を狙ったサイバー犯罪が増加している今ほど、サイバーセキュリティのような重要な分野にAIを導入する絶好の機会はありません。 驚異的なスピードで起こっているハイブリッドやリモート労働環境へのシフトで、従来型のマルウェア検出ソリューションの有効性も改めて問われています。これらのソリューションをまだ使い続けることは可能ですが、ネットワークを守るためには、更に強化された対策方法を導入する必要があります。そこで役立つのがAI技術です。サイバーセキュリティにおけるAIの起用は、ネットワーク脅威の検知能力の向上や、ユーザー行動モデルの構築による異常検知精度を向上させるだけではなく、企業が直面するサイバーリスクをはるかに迅速、簡単、かつ正確に評価する方法の先駆けとなり得るのです。 AIによるサイバーリスクの定量化で得られる効果 経験則に基づくデータを用いた、将来を見据えたサイバーリスクスコアの作成... >>続きを読む

Log360 1 min read

仮想サーバーとは? 物理との違いやメリット・デメリットを解説

Reading Time: 1 minutes仮想サーバーとは?物理サーバーとの違いは? 仮想サーバーとは、1台の物理サーバーを論理的な複数のサーバーに分割したものです。1台のサーバー内で複数のオペレーティングシステム(OS)を稼働させ、それぞれを独立した別の用途で使用できるようにします。 対して、物理サーバーとは、サーバー用のハードウェアのこと、もしくは1つのサーバー用ハードウェア上に1つのOSをインストールして運用するものを指します。 物理サーバーはハードウェア1つにつき1台のコンピューターとして利用します。一方、仮想サーバーを利用する場合は一般的に、ひとつの物理サーバーの中に仮想的な複数のコンピューターを搭載します。 なぜ1台のサーバーを分割するのか... >>続きを読む

OpManager 1 min read