Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 2分

ManageEngine Log360は2016年に続き、”2年連続”でガートナー社のマジック・クアドラント(SIEM部門)に掲載されました。

ガートナー社とは、米国に本社をおく業界最大のアドバイザリ企業です。マジック・クアドラントでは、特定のテクノロジー市場における販売会社を、ガートナー社が中立的な立場から「リーダー」・「ビジョナリー」・「ニッチ」・「チャレンジャー」という4つのクアドラントに分類し、その位置づけを公開しています。

なお、Log360は2016年3月に本社リリース、そして2018年9月に日本リリースされた製品で、「ログの統合管理」に特化した簡易SIEMツールとなりますが、リリースの年である2016年、そして2017年と続いて「ニッチ(特定市場志向型)」としての位置づけで掲載されました。

レポートにて、ガートナー社のアナリストはLog360の強みを以下のように述べています:

・ 統合管理ソリューションに関心のあるManageEngineの既存ユーザー、あるいはコストパフォーマンスに優れたシンプルなSIEMツールを探している企業は、Log360やEventLog Analyzerの利用が推奨されます。

・ Log360には、監査とコンプライアンスに関わる機能が数多く提供されています。複数のコンプライアンスに特化したレポートを含めて、1,200以上の定義済みレポートが存在します。

ADAudit Plusは、単一または複数のActive Directory(ドメインコントローラー)を対象とした、認証・アクセスなどの監査に対応しており、内部統制対策としての機能を提供します。

・ Log360は他の多くのSIEMツールと比較すると、シンプルな構造になっているため、直感的に使用することが可能です。また、脅威検知を含む、幅広いコリレーションルールがあらかじめ用意されており、特にWindowsを対象とした定義済みレポートや解析ルールが豊富に備わっています。

>> 原文となるマジック・クアドラントレポートはこちらをご参照ください。(英語)

ガートナー社の免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

 

< これだけでない!Log360の強みをご紹介します >
Active Directoryに特化した監査レポートを200種類以上ご用意
* PaloAlto/Fortinet/Juniperをはじめとする(*1)代表的なファイアウォール機器を自動で集計・可視化
* ドメインユーザーに対する振る舞い検知機能を搭載
* 異なるデバイス間で発生したログを相関的に分析 (製品側で相関分析のためのデフォルトルールを30種類ご用意)
* TLSで暗号化されたSyslogの収集に対応

(*1) レポートのご用意があるファイアウォール機器については、本社デモサイトにアクセスしていただき、レポートタブをご参照ください。

 



■ Log360の製品ホームページ

https://www.manageengine.jp/products/Log360/

■ Log360の概要資料ダウンロード
https://www.manageengine.jp/download/enter.php?Category=ManageEngine&dl=DL_5&nickname=Log360&No=2645

■ Log360の無料評価版ダウンロード
https://www.manageengine.jp/products/Log360/download.html