操作ログ取得の是非 ~本当に操作ログの管理は必要なのか?~

Reading Time: 1 minutes皆さま、こんにちは。ManageEngine事業 営業部 プリセールスの植松です。 突然ですが、皆さまの会社では端末の操作ログを取得していますか? 操作ログを取得することで、有事の際の情報漏えい/内部不正の防止や、社員のセキュリティ意識の向上など、企業にとってメリットが多くございます。... >>続きを読む

ADAudit Plus , Desktop Central , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , Log360 , 未分類 1 min read

ログの相関分析でサイバー攻撃の兆候をいち早く検知

Reading Time: 1 minutes増えつづけるサイバー攻撃 2017年に世界で猛威を振るった「WannaCry」を代表に、今年12月には実名制Q&Aサイトを運営する米Quoraで約1億人のユーザー情報が漏洩するなど、昨今、サイバー攻撃関連のニュースは注目を集めてきました。 攻撃が成功する要素は、大きく2つ挙げられます。1つはセキュリティホールといわれる抜け穴の存在、そしてもう1つは悪意ある内部関係者の存在です。この2つに対して、企業の大半はなんらかの対策を講じているにも関わらず、被害件数は一向に衰える気配をみせません。 以下は、NICTサイバーセキュリティ研究所がまとめた分析結果です。2017年に観測されたサイバー攻撃関連の通信は計1,504億パケットにも上り、1 IPアドレスあたり、年間約56万パケットが計測されている計算となります。中でも2016年以降から、その量が顕著に増え続けているのがグラフから明らかです。... >>続きを読む

ADAudit Plus , EventLog Analyzer 1 min read

SIEMという選択(後編) – SIEM製品を選択する基準とは?

Reading Time: 1 minutes記事の前編では、企業がSIEMを選択すべき理由について解説しました。後編となる今回は、SIEM製品を選定する際の基準についてご紹介します。 ■ SIEM製品の選定で重要となる「予算面」 SIEM製品を選定する際、予算というのは非常に重要な検討項目の一つです。SIEM製品によっては、処理するログ流量がライセンスの課金対象となっているものもあれば、監視対象となるデバイス数に基づき課金されるものもあります。デバイス数に基づく価格設定となっており、ログ流量には影響されない場合、生成されるログのボリュームの量にかかわらず金額が一定となるため、コストの見積もりが容易になります。 しかし、予算以外にも重要な事項はもちろん存在します。そのいくつかを、以下でご紹介したいと思います。... >>続きを読む

ADAudit Plus , EventLog Analyzer , セキュリティ 1 min read

SIEMという選択(前編) – なぜSIEMが選ばれるのか?

Reading Time: 1 minutesセキュリティの脅威は日々上昇傾向にあり、ハッカーの攻撃方法はさらに洗練されつつあります。 アメリカの通信大手であるVerizon社は、データ侵害に関する調査レポート「Verizon 2018 Data Breach... >>続きを読む

EventLog Analyzer , セキュリティ 1 min read

Log360がガートナー社のマジック・クアドラント(SIEM部門)に2年連続で掲載!

Reading Time: 1 minutesManageEngine Log360は2016年に続き、”2年連続”でガートナー社のマジック・クアドラント(SIEM部門)に掲載されました。 ガートナー社とは、米国に本社をおく業界最大のアドバイザリ企業です。マジック・クアドラントでは、特定のテクノロジー市場における販売会社を、ガートナー社が中立的な立場から「リーダー」・「ビジョナリー」・「ニッチ」・「チャレンジャー」という4つのクアドラントに分類し、その位置づけを公開しています。 なお、Log360は2016年3月に本社リリース、そして2018年9月に日本リリースされた製品で、「ログの統合管理」に特化した簡易SIEMツールとなりますが、リリースの年である2016年、そして2017年と続いて「ニッチ(特定市場志向型)」としての位置づけで掲載されました。 レポートにて、ガートナー社のアナリストはLog360の強みを以下のように述べています:... >>続きを読む

ADAudit Plus , EventLog Analyzer , セキュリティ , 一般 1 min read

UberのセキュリティインシデントからみるGDPR準拠へのポイント

Reading Time: 1 minutes年々利用者を増やしており、特に海外では多くの人に親しまれているUberですが、昨年、その人気が危ぶまれる出来事が発生しました。 Uberは、欧州連合(EU)の中でその成長率を維持するために、広報、法的課題、マーケティング活動に多くのリソースを費やしてきました。そのような活動の中、2017年11月掲載のUberのブログにて、2016年10月ごろに受けたサイバー攻撃を公開せず、隠ぺいしていたことが明らかとなりました。同社はブログにて、昨年10月に5000万人のユーザー情報と700万人のドライバーの名前、メールアドレス、電話番号、運転免許証の番号が流出し、漏洩した情報に対する一切の黙秘を条件に、ハッカーへ10万ドルを支払っていたことを報告しました。もともとこのようなセキュリティ違反は重大なインシデントとなりますが、EUの一般データ保護規則(GDPR)が施行された今、Uberにとっては、EUで再び信頼を得るための大きな障壁となり得ます。 ● どのようにして攻撃が発生したのか? Uberのエンジニアは、開発のためにGitHubコーディングサイトを使用していましたが、ハッカーはそのサイトの抜け穴を利用してログイン情報を取得後、個人データを抜き出しました。Uberは、すでに今後の攻撃を阻止するための対策を講じていると主張していますが、今回ポイントとなるのは、セキュリティ違反を直ちに公表しなかったという点です。実際、問題が発生したタイミングでは違反を報告する義務はありませんでしたが、GDPRが施行された今、欧州で同様のことが発生した際には、企業にとって深刻な事態となります。... >>続きを読む

ADAudit Plus , Desktop Central , EventLog Analyzer 1 min read

「MS14-068」の脆弱性とは?JPCERT/CCが推奨するログの活用方法と併せてご紹介

Reading Time: 1 minutes  本投稿では、「MS14-068」の脆弱性とはどのようなものなのかを解説後、MS14-068の脆弱性を悪用した攻撃検知のため、JPCERT/CCで監視が推奨されているイベントログをご紹介します。また、最後には、そのイベントログを見逃さないためのツールとして、弊社製品のEventLog Analyzerを使用した場合の監視の流れについて、簡単にご案内させていただきます。 1. 「MS14-068」とはどのような脆弱性なのか... >>続きを読む

EventLog Analyzer 1 min read

9/29締切!サイバーセキュリティ対策促進助成金:知りたいポイントまとめ

Reading Time: 1 minutes2017年7月末、東京都および東京都中小企業振興公社は、都内の中小企業サイバーセキュリティ対策を行う際の支援の一環として、必要な設備等の導入経費の一部を助成する旨を発表しました。 ■報道発表:サイバーセキュリティ対策促進助成金 当助成金制度は、本日(2017年9月1日)より申請の受付が開始されました。受付締切は9月29日に設定されており、スケジュールとしてはタイトです。 弊社の確認では、助成金の財源は東京都で、このような実施は今年度(2018年3月末まで)では今回限りとのこと。また、来年度以降については、検討予定だが未定だそうです。セキュリティ対策を実施したくとも予算面に限りがある企業にとっては大きなチャンスですが、一方で、申請期限や財源枠について考えると狭き門でもあります。ご検討中の方は、ぜひ迅速な申請をお勧めいたします。 以下で、助成金を申請するにあたって知っておきたいポイントをまとめます。... >>続きを読む

ADAudit Plus , ADManager Plus , Desktop Central , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , Password Manager Pro , セキュリティ 1 min read

SIEMが高い!でもログは管理してセキュリティレベルを向上させたい。

Reading Time: 1 minutes【SIEM”以外”の選択肢!ManageEngineが提案するログ管理ソリューション】 近年では、外部攻撃への備えを意識して、SIEM(Security Information and Event... >>続きを読む

ADAudit Plus , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , セキュリティ 1 min read

2018年3月末の対応期限迫る! PCI DSS対応ソリューション

Reading Time: 1 minutes2017年3月8日、経済産業省から「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画2017(2016年版の改定)」が新たに策定されました。 実行計画の中で、EC加盟店は2018年3月末までに以下のいずれかの対応を実施することが求められています。 ・クレジットカード情報の非保持化 ・PCI DSS準拠(クレジットカード情報を保持する場合)... >>続きを読む

ADAudit Plus , Desktop Central , DeviceExpert , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , Password Manager Pro , ServiceDesk Plus , セキュリティ , 一般 1 min read