Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 3分

 

 
 
ますます多くのユーザが高速ネットワークを選ぶようになり、高速ネットワークの存在と利用量は着実に増加しています。
もはや、ひとつのWeb ページがロードされるまで50秒も待てる人はいないでしょう。企業のネットワークともなると、
速度の重要性は以前の比ではありません。
 
理由は簡単。
 
第一に、日常の業務において、ネットワークを使用する割合が日に日に増していること。
第二に、帯域を能率的かつ有効に管理することこそが、ネットワークエンジニアの重要な課題となってきていることです。
 
 
sFlowのトラフィック解析
  
  
高速でのネットワーク操作の監視は、実際は用心できるようなものではありません。
 
上層部の人間から、中間職、また顧客向け従業員からサポートスタッフメンバーに至るまで、
複数の拠点からネットワークに大きく頼っていれば、ネットワークが遅くなっただけで、
一時的に業務が行えなくなるだけでなく、ビジネス的にも大きな損害を被ることも起こりえます。
 
 
こうならないよう、帯域を有効に管理してビジネスをスムーズにする便利なツールがあります。
 
そのひとつであるsFlow は、特に高速ネットワークに適した技術です。
sFlow 技術への序論は、
[トラフィック解析・帯域解析] sFlow 技術への序論およびsFlow 対NetFlow の技術比較概要
というタイトルのブログ投稿でご紹介しました。

今回は、sFlow の重要性とネットワーク管理者にとっての利点に注目します。
sFlow は、パケットベースのサンプリングを行い、ネットワークに流します。
 
 
通常、ハードウェア・ベースのプローブ監視システムは、ネットワークを部分的に参照しますが、
監視ソリューションがスイッチあるいはルータ内部に埋め込まれている場合には、
ネットワーク全体をリアルタイムに参照するのに実際に役立ちます。
  
sFlow の最大の強みは、すべてのインターフェース上を横断する回線速度でも、
アプリケーションレベルのトラフィック監視を行い、中断すること無く可視化できることです。
   
また、sFlow は効果的なネットワークの管理に非常に役立つ重要なデータを収集し、ネットワークのパフォーマンスを測定するのにも一役買ってくれます。結果、有効な帯域管理が実現し、必要な競争力でユーザを助けます。
  
この監視モードにより、ネットワーク管理者の業務が本当に容易になります。何故なら、可視性が改善されると、トラブルシューティングの必要性が最小化されるからです。NetFlow Analyzer は、このフロー形式をサポートしており、かつてないネットワークの可視性を提供します。
 
sFlowの利点は山ほどありますが、まずはその中の4つの点に注目してみましょう。
  
    
1.混雑の制御
 
トラフィックパターンにリアルタイムの可視性をもたらすことにより、混雑したリンクの即時特定が可能になります。
関連付けられたアプリケーション・レベルの通信も、sFlow 情報からNetFlow Analyzer
を介して特定することができます。

この情報は、どのトラフィックを制御する必要があるかを決定したり、帯域のプロビジョンに関して
一定のミッションクリティカルなアプリケーションを優先したりする際に非常に役立ちます。
 
 
2.ネットワークの問題のトラブルシューティング
 
ネットワークが使われているとき、トラフィックは自動的に生成され、
生のままでの形式のパターンでは、解析するのが非常に困難です。
sFlow は、これらの異常なトラフィックパターンに十分詳細に可視化し、
簡単に診断と修正を行えるようにします。
 
  
3.セキュリティ解析
   
ネットワークが多くの種類のセキュリティ攻撃に対して脆弱であるため、
有効なセキュリティ監視を行うには、sFlow によって提供される完全なネットワーク調査が必要です。
リアルタイムおよび履歴のネットワーク全体に広がる利用を可視化することにより、
異常を検出することができ、その結果、実際にあり得る攻撃からネットワークを防御することができます。
 
 
4.経理と請求の利用
 
sFlow は、ネットワーク利用に関する詳細情報を提供し、これは顧客に総トラフィックの詳細で、
項目別に示された分析結果を提供し、引いてはサービスプロバイダーでの信頼レベルを改善します。
というのは、請求の仕組みが非常に公平で透明性のあるものになるからです。
この機能は、サービスプロバイダーに最大のアドバンテージを提供します。
 
上述した4つの点以外にも、私達はsFlow の利点を引き出せるような機能をどんどん追加していきたいと考えています。
NetFlow Analyzerは、sFlow 形式に関するサポートを提供することで、ネットワークエンジニアの方がsFlow 技術の利点を享受し、
イライラさせられることのないネットワークを実現するお手伝いをしてまいります!!
 
 
30日間無料で試せるNetFlow Analyzerの評価版は、こちらからダウンロードできます(フル機能です)!!
 


なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corporation)のManageEngine Blogsを翻訳・加筆したものです。

元の記事(2011年6月9日投稿)はこちら
(翻訳:ゾーホージャパン、酒井)