データベースとは?

Applications Manager | February 20, 2019 | 1 min read
Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 2分

こんにちは、ManageEngineエンジニアの園部です。

企業の社員管理システムや顧客情報管理システム、ショッピングサイトやゲームアプリやSNSなど、世の中には様々な「システム」があります。

今シリーズでは、これらの「システム」を支える情報管理の基盤である「データベース」について解説していきます。

データベースとは?

データベースの言葉を分解していくと、データ(=Data)ベース(=Base)、つまり「データの基地」となります。
現在では「データベース」といった場合には一般的に、

  1. データの集合体
  2. データベース管理システム(DBMS)
  3. データベースを持つアプリケーションの総称

の3つの意味のうち、どれかのことを指します。

以下で、データベースという言葉が表す3つの意味を解説していきます。

データの集まり

データベースという言葉をきわめて狭義で表現すると、データの集まりとなります。

この「データの集まり」という言葉を考える前に、データという言葉の意味を定義しておきます。ここで言うデータとは、数値や文字などがまとめられたものです。世の中の何らかの事象の結果を、文字・図・グラフ等で表現した状態とも言えます。

このような文字や図などで表現されたデータを整理して集約した状態が、データの集まりです。

データの集まりは、世の中の事象を抜き出してひとまとまりにしたものです。それ以上でもそれ以下でもありません。
そのデータに価値を感じる人間が、何かに紐付けて使用したり参照したりしない限り、データは意味のあるものにはなりえません。

データを、意味のある「情報」として使用するためには、システムとデータを結びつける必要があります。

システムとデータを効率よく結びつける役割を果たすのが次で説明する「データべース管理システム(DBMS)」です。

データベース管理システム(DBMS)

データベース管理システム(DBMS)とは、データベースを効率的に管理し、外部システムからデータベースの操作を行えるように開発されたソフトウェアです。

DBMSが登場する以前は、システムのプログラムが直接データを集めたり参照したりしていました。しかし、プログラムとデータの接続方法や更新の方法に統一性がないため、データ管理の効率が悪かったのです。

そこで、プログラムとデータを切り離し、間にDBMSを置きました。

システムからデータを取り出す方法を、DBMSへの問合せに統一しました。
また、DBMSに

  • データの完全性を担保する
  • データへのアクセス時に認証を要求する
  • 障害時に、障害発生前に復旧できるようにする

などの便利な機能を搭載することで、効率化とデータの安全性の向上を図りました。

このような機能を持つ代表的なDBMSとしては、MySQLやOracle、Microsoft SQL Server、MongoDBやDynamoDBなどの製品・サービスがよく聞かれます。

このDBMSを指す言葉としても、データベースという言葉が使用されます。

データベースを持つアプリケーションの総称

データを検索するようなシステム全体のこともデータベースと呼ぶことがあります。

例えば、社員を検索するシステムのことを「社員のデータベース」と呼んだり、商品の在庫検索システムのことを「在庫データベース」と言ったりすることがこれにあたります。

「データベース」のまとめ

データベースという言葉が使用される場面をまとめると、以下の図のようになります。

まとめ

データベースとは、一般的に

  • データの集まりデータを整理して集約した状態のこと)
  • DBMS(データベース検索システム)
  • データ検索システム等の総称

を指す

 

関連記事

AWS上のシステム安定化のカギはデータベース!その監視ポイントとは

▼▼ データベースの監視なら、ManageEngine Applications Manager ▼▼

Applications Manager 公式ホームページ
Applications Managerのダウンロードはこちら
Applications Manager製品概要資料のダウンロードはこちら
※永年無料版の利用をご希望の方は、30日間フル機能ご利用いただける「評価版」をダウンロードしてください。
30日が過ぎると自動的に5モニターまで監視可能の永年無料版となります。