Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 1分

 

本投稿の前編では、イベントビューアーを使用したログオン認証の監査方法についてご案内しましたが、後編では、弊社製品ADAudit Plusを使用した場合の確認方法についてご紹介します。


イベントビューアーを使用したログオン認証イベントの確認方法

ADAudit Plusには、200以上の定義済みレポートがあると記載しましたが、ドメイン認証を使用したログオンに関するレポートとしては、以下の15つをご用意しています。


一覧からお分かりいただける通り、一言に「ログオンレポート」といっても様々な観点でのレポートがあり、ログオン失敗理由別、ドメインコントローラー別、ユーザー別と確認することが可能となっています。

各レポートからは、「いつ」「誰が」「どこから」ログオンしたのか、失敗の場合は「なぜ失敗したのか」という詳細な内容まで確認することができ、さらに、ADAudit Plus側でコンピューターアカウントによるログオンイベントは自動で除外するため、純粋にユーザーによるログオン認証イベントを確認することが可能です。

▼ ログオン監査機能を動画で紹介

イベントビューアーから確認する場合は、フィルターをかけたうえで、さらに一つ一つ目で見て判断を行う必要がありました。しかし、ADAudit Plusはそれらをすべて自動で行ってくれるため、システム管理者は複雑な作業の一切を行う必要がなく、ADAudit Plusにログインし、レポート名をクリックするだけで、監査を行うことが可能となるのです。

もし、ADAudit Plusという製品について、少しでもご興味を持っていただけましたら、「30日間の無料トライアル(評価版)」を是非お試しください。評価期間中は、技術サポートもご利用可能です。

▶ ADAudit Plus ダウンロードページ

 

前編へ移動 >> Active Directoryのログオン認証を監査するには(前編)