ManageEngineブログ始動!

一般 | June 14, 2010 | 1 min read
Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 2分

皆さん、こんにちは。

巷では、先週、開幕したサッカーのワールドカップで盛りあがっている今日この頃、
ゾーホージャパン株式会社ManageEngine(マネージエンジン)事業部では、ブログを始めます!(これより開幕!拍手)

そもそもManageEngineって何?と思われる方もいるかもしれないので、まずは、ちょっと紹介を。

ManageEngineは、Zoho Corporationが開発しているネットワークやシステムの運用管理に役立つソフトウェアの総称(ブランド名)です。
サーバのリソース情報の監視や、ネットワーク機器のトラフィック解析や、
またはエンドユーザからの問合せを管理できるヘルプデスクツールなど、
多くの製品があります。

要は、世の中のシステム運用に携わる人達の業務負荷を減らすお手伝いする製品と考えて頂ければ。

ただ、まだまだ日本では知名度が低いかもしれません。。。

・・・・、2004年から販売を開始して、ワールドワイドで40,000以上の顧客の導入
2010年4月現在)、Fortune 500社の5社中3社が採用しているという輝かしい実績が
ある製品群なのです。

何故、ここまで売れているのでしょう???

日本で導入されたお客様からは、よく以下の2点のコメントを頂きます。
(はい、ここ重要。皆、ちゅ~もく。)

・コストパフォーマンス
一般的に必要とされる機能をお手頃な価格で。業界で後発に位置する製品ですが、他社製品と
比べ、機能とコストのバランスが優れている

・見た目、操作感
運用管理のツールって結構、プロ志向な感じで作りが複雑になっているんですが、
そんなことはなく、ある程度のITリテラシがある方であれば、直感的で分かりやすいです。
また、画面の構成や統計データの表示など、シンプルで見やすいです。

実はこれらのお客様のコメントが、そのままManageEngine強みと言えます。

こんな製品を私達はもっともっと世に広めていきたいと考えています!

そもそも、日本のシステム運用管理の現場でも、よく携帯電話業界の話でよく取り上げられる
「日本のガラパゴス化」「パラダイス鎖国」が、起きていると感じています。

過剰な機能、過剰品質・・・。。。皆さん、本当に使いこなせていますか?
本当にそこまでの機能、four nines(99.9999)やfive nines(99.99999)の可用性が必要でしょうか?

例えば、ネットワーク監視の場合、対象とするシステムが、ミッションクリティカルな
基幹システム、電力や交通などライフラインに直結するようなシステムであれば、
それだけの可用性、より詳細なところまで監視できる機能などが必要でしょう。
ただ、それにはそれ相応のコスト(~千万でしょうか。。)というのは必要となってきます。

では、中小企業の場合はどうでしょうか?そこまでは必要ないですよね。
ただ、全く監視が必要なわけではない。じゃあ、基本的に一般的な指標となっている
監視機能がサポートされていて、コスト的にもスキル的にも簡単に導入できる製品が
あればいいですよね。

そんな時の、そんなあなたのための・・・ManageEngine

今、世界中を席巻しているAppleのiPhoneやiPad。あまり必要とされない所まで、より多機能、
高機能な部分に焦点を当てるのではなく、見た目やその操作性、全体のバランスなどを感を
重視し、より多くのお客様に使って頂ける製品。私達もそんな風に製品を世に広めて
世のシステム運用管理者のお手伝いができたらと考えています!

このブログでは、製品のリリース、使い方、Tips、製品に関する技術情報、イベントなどを、
その他諸々、その時々の気分で、定期的に更新したいと考えいますので、皆さま、

これからもよろしくお願いしますっ。

今日はいよいよ初戦のカメルーン戦、日本頑張れっ!

Comments are closed.