A.Y

【なんか遅い!】ん?PCの動作が遅くない!?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 業務でPCを操作していて何だか動きが遅い、重いなーと感じ、ふとタスクトレイを見ると、以下のアイコンが・・・・ そうか!バックグラウンドでWindows Updateの処理が走っているからか・・・。 Windows OSでは通常、セキュリティ面からWindows Updateがデフォルトで有効になっていると思いますが、無効化することで、業務中にPCの動作にストレスを感じることは少なくなります。 尚、無効化する理由としては、更新によって自社で開発または使用しているアプリケーションが急に動かなくなるリスクを回避することも挙げられます。 ところで、企業のWindows PCのWindows Updateってどのように制御しているのでしょうか。 通常は以下のいずれかで実施していると思います。 1つは、Active Directoryを導入している企業で多くみられる、情シスの担当者がActive Directoryの「グループポリシー」を使用してWindows Updateの方法をカスタマイズする方法です。 ・Active Directoryのグループポリシー ”コンピューターの構成¥管理用テンプレート¥Windowsコンポーネント¥Windows Update¥自動更新を構成する” もう1つは、PC1台1台に設定を施す方法です。 端末台数の少ない企業、Active Directory未導入企業ではこちらが一般的です。でも、1台ずつ設定するのは、台数が増えてくると、担当者の負荷が高くなりますね。...

Desktop Central 1 min read

ServiceDesk Plus サービス要求の作成を効率化する方法

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 ITヘルプデスクは日々、多くのサービス要求を受け付けますが、それらの幾つかは様々な理由から無効な場合があります。 給与課のユーザーからAdobe Illustratorのようなデザインソフトの購入申請があるとしましょう。ITヘルプデスクの担当者は、このサービス要求を受付けた後、処理する前に申請が正当なものであることを確認する必要があります。ユーザーにとってその指定のソフトウェアが実際に必要なのかどうか確認しなければいけません。 この責任は本来、サービス要求の承認者にあるべきですが、なぜITヘルプデスク担当者の時間を浪費しなければいけないのか。 サービス要求の承認者は、部署や支店から申請されるサービス要求を承認する立場にあり、通常、部署や支店の長が担当します。ServiceDesk Plusでは、このシンプルでありながら、必要なプロセスを以下の2つのステップで実装できます。 1. ユーザーにサービスリクエスト承認者を割り当てる 1-1. [管理]-[ユーザー]-[依頼者]で依頼者を選択して[編集]をクリック 1-2. “権限の選択”で”サービス要求承認者”オプションを有効にする 2. サービス要求テンプレートに承認者フィールドを配置する 2-1. [管理]-[サービスカタログ]で該当のサービス要求テンプレートをクリック 2-2. “承認者の選択”フィールドをドラッグ&ドロップでテンプレート内に配置 ベストプラクティス ・承認遅延によるサービス要求のSLA違反を避けるためには、サービス要求作成においてSLAタイマーが停止するように設定します。 設定方法は、[管理]-[セルフサービスポータル設定]で”リクエストの承認依頼中はリクエストのタイマーを停止して次のステータスに変更する”を有効にします。 ・承認者に自動通知を行うように設定します。...

ServiceDesk Plus 1 min read

ServiceDesk Plus フィールド&フォームルール設定

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 本ブログでは、ServiceDesk Plusのインシデント登録用のテンプレート画面で使用できる、フィールド & フォームルール機能を紹介します。 ■インシデントテンプレート機能概要 ・インシデントテンプレートは、頻繁にヘルプデスクに寄せられる問合せなど、インシデント登録の負荷を軽減するために、予め用意しておくテンプレート機能です。[管理]-[ヘルプデスクのカスタマイズ]-[インシデントテンプレート]で作成することができます。 実はこのインシデントテンプレートの機能で、レイアウトの変更や初期値の設定、必須フィールドの設定のほか、例として以下のようなこともできます。 ・リクエスト作成時/編集時に、あるフィールドの値に従って、フィールドを有効化/無効化する ・リクエスト登録時に、スクリプトを実行する →スクリプトでは日付の妥当性チェックやフィールド間の依存関係(ネスト)の設定ができます。 以下、簡単ですが、リクエストの編集において、モードの値が”Webフォーム”の時に レベルフィールドを無効化する例を画面を使って説明します。 1. [管理]-[ヘルプデスクのカスタマイズ]-[インシデントテンプレート]で[新規テンプレート]または任意のテンプレートの編集アイコンをクリックします。 2. [フィールド&フォームルール]タブをクリックします。 3. [Create New Rule]をクリックして、ルールを設定します。 今回、リクエストの編集時(モードの値が”Webフォーム”)に、レベルを無効化するため、以下を設定します。 イベント:フォーム変更時...

ServiceDesk Plus 1 min read

ITヘルプデスクが知っておくべき8つのKPI

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 ”測定することが改善に繋がる”ということをITヘルプデスクの現場ではよく耳にしますが、 それでは実際に何を測定すべきかという情報については、あまり語られていません。 昨今のITヘルプデスクソフトウェアのレポート機能では、多くのKPI(指標)を測定、モニタリングすることができます。でも、だからと言って、それらすべてを測定すべきということではありません。サービスデリバリを改善するためには、自身のITヘルプデスクにとって重要なもののみ、測定すれば十分なんです。 ここでは、多くのITヘルプデスクにとって重要な8つのKPIを紹介します。 これらのKPIはビジネス継続性、組織の生産性、スケジュール通り且つ予算の範囲内での サービスデリバリといった、基本的なITヘルプデスクの目標を達成することに役立ちます。 その8つのKPIとは、以下です。 ■ビジネス継続性 ・失われた業務時間(Lost business hour) ・変更の成功率(Change success rate) ・インフラの安定性/信頼性(Infrastructure stability) ■組織の生産性 ・チケット総量のトレンド(Ticket volume trends) ・ファーストコンタクトでの解決率(First call...

ServiceDesk Plus , ServiceDesk Plus On-Demand 1 min read

Desktop Centralで任意のスクリプトを端末上で実行する

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 0分 本ブログでは、Desktop Centeralで任意のスクリプトを管理クライアント端末上で実行する手順について紹介します。 1. [端末設定]タブをクリックします 2. 左ペインの[設定] – [カスタムスクリプト] – [コンピューター]をクリックします 3. 以下のフィールドを設定します。 ・名前:設定名称 ・スクリプト名:Create/Modifyをクリックして遷移するスクリプトリポジトリ画面でスクリプトを追加します。すでにスクリプトリポジトリに追加されている場合、スクリプト名フィールドをクリックすると、選択することができます。 ・間隔:スクリプトの実行間隔 ・対象:実行対象のリモートオフィス/ドメイン。入力フィールドにマウスオーバーしたときに表示されるフィールド横のリンクをクリックすると、実行対象をさらに細かく選択するための条件を設定できます。 ・対象の絞込み条件設定 4. [配布] / [今すぐ配布]をクリックすることで、スクリプト実行がスケジュールされます。 もし、少しでもご興味を持っていただけましたら、...

Desktop Central 1 min read

Desktop Centralのパッチ管理アーキテクチャ

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 本ブログでは、Desktop Centralのパッチ管理のアーキテクチャについて紹介します。 (図:パッチ管理アーキテクチャ) Desktop Centralのパッチ管理は以下のコンポーネントで構成されています。 ・外部パッチクローラー(External Patch Crawler) ・セントラルパッチリポジトリ(Central Patch Repository) ・Desktop Centralサーバー ■外部パッチクローラー Zoho Corporation内環境にあり、MicrosoftやAppleのサイトから脆弱性情報を収集するため、絶えずインターネット上を調査しています。パッチのダウンロード、パッチの信頼性の評価および機能的なテストを実行し、最終的な分析およびデータは脆弱性評価の基準となる脆弱性データベースに組み込まれます。 尚、修正されたデータベースはセントラルパッチリポジトリに公開されます。これらの情報収集、パッチ分析、最新の脆弱性データベースの公開という一連の動作は定期的に実施されます。 ■セントラルパッチリポジトリ 分析後に公開される最新の脆弱性データベースがあるZoho Corporationのポータルサイトです。このデータベースの情報は顧客環境にあるDesktop Centralサーバーによってダウンロードされ、パッチスキャンやインストールの際に必要となる情報です。 ■Desktop...

Desktop Central 1 min read

ServiceDesk Plus iPhoneアプリの画面

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 本ブログでは、ServiceDesk PlusのiPhoneアプリを紹介します。 ServiceDesk Plusには、iPhoneとAndroid用のアプリがあります。今回はiPhoneアプリの画面を紹介します。 ■前提条件 ・App StoreでServiceDesk Plusを検索、インストール(※アプリケーションは無料です) ・ServiceDesk Plusサーバーの設定を実施 ・ServiceDesk Plus iPhoneアプリケーションにログインするには、APIキーの生成が必要です。 APIキーは依頼者、技術担当者の編集画面で生成することができます。 ■iPhoneアプリの画面 (リクエスト一覧画面) (リクエスト詳細画面) (リクエストの操作) (リクエストビュー) ■制限事項 ・リクエストモジュールのみサポートしています。 ・インシデントリクエストとサービスリクエストのみサポートしています。 ・アーカイブされたリクエストの表示はサポートしていません。...

ServiceDesk Plus 1 min read

ServiceDesk Plus 依頼者のVIP Userフィールドの利用

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 0分 本ブログでは、ServiceDesk Plusの依頼者のVIP Userフィールドについて紹介します。 ServiceDesk Plusの依頼者のフィールドの1つにVIP Userがあります。 VIP Userにチェックの入った依頼者からリクエストが登録されると、リクエストの一覧ビューでも、VIP Userからのリクエストと判断できるアイコンが表示されます。 また、VIP Userなのかどうかを条件とした業務ルールやSLAを設定することもできます。 (SLAルール設定画面) (業務ルール設定画面) ちょっとした機能ですが、会社で重要とされるユーザー向けに使用するといいかもしれませんね。 もし、少しでもご興味を持っていただけましたら、「30日間の無料トライアル(評価版)」でも是非お試しください。評価期間中は、技術サポートもご利用可能です。 ServiceDesk Plusのダウンロードページ https://www.manageengine.jp/products/ServiceDesk_Plus/download.html  

ServiceDesk Plus 1 min read

ServiceDesk PlusでADのパスワードをリセットする

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 本ブログでは、ServiceDesk Plusで、Active Directoryのアカウントのパスワードをリセットする手順を紹介します。 ■前提条件 ・[管理]-[ユーザー]-[Active Directory]-[Active Directoryから依頼者をインポート]、または [管理]-[ディスカバリ]-[Windowsドメインスキャン]画面において、ドメイン情報が登録されている ・Roboオペレーター (Password Reset Tool)オプションを購入している ■ServiceDesk Plus上からActive Directoryのアカウントのパスワードをリセットする手順 1. [管理]-[ロボ技術担当者]をクリックします。 ※赤枠の箇所で設定するパスワードの種類をランダムパスワード、指定パスワード、ユーザー名と同じ、ブランクパスワードから選択できます。 2. [保存/テンプレートに移動]をクリックします。ここで、インシデントテンプレート同様に、登録フォームのカスタマイズを行えます。 3. [保存]をクリックします。 4....

ServiceDesk Plus 1 min read

今年一年お世話になりました。皆さん、良いお年を!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 こんにちは いや~、クリスマスも終わり、いよいよゾーホージャパンの営業日も本日まで。 いよいよカウントダウン~。 電車の空き具合からすると、もう既にお休みに入っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 皆さんは今年を振り返って、良い年でしたか?それとも悪い年でしたか? 良い年だった方、来年は更に飛躍の年になるといいですね。 悪い年だった方、来年こそ良い年にしましょう。 そうですねぇ、私個人的にはどちらでもなかった感じです( ̄□ ̄;)!! ただ、11月12月と体調を崩したので、来年は病気に負けない体力づくりをしていきたいなんて考えていたりもします。 ゾーホージャパンのManageEngine製品はというと、認知度も高くなり、ユーザも順調に増えていますd( ̄◇ ̄)b グッ♪ それだけ、ManageEngine製品が世界中のシステム管理者のお役に立てているってことなので、大変うれしく思います。 来年以降もより良い製品を世に送り出していきたいと考えているので、引き続き、よろしくお願いします! それでは、また来年! 皆さま、よいお年を! いやぁ、年末年始はスポーツ観戦三昧。。。 天皇杯、高校ラグビー、高校サッカー、大学ラグビー、ライスボウル、箱根駅伝と楽しみだなぁ (ManageEngine HP) http://www.manageengine.jp/ (ManageEngine評価版ダウンロード) http://www.manageengine.jp/trial/...

一般 1 min read