Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 1分

みなさん、こんにちは!
 
突然鳴り出すケータイの着信音。それがネットワーク障害のコールだったことがありませんか?
 
このまま久々に会った友人たちとの飲み会を続けたいけど・・・。
 
こんな時、ネットワーク障害の詳細をすぐに確認できたらいいのに!
 
 
OpManager iPhone用UI
 
OpManagerでは、スマートフォン(iPhone, BlackBerry)用UIを使って、
 
ネットワーク障害が発生している装置の情報を把握することができます。
 
これにより、現場にいなくても、第一段階のトラブルシューティングを行うことができます。
 
現場のメンバーと協力しながら、迅速な障害対応を実現できます。
 
 
OpManager ヴァージョン8.5(ビルド番号8060)では、
 
スマートフォン用UIをサポートしています。
 
ネットワーク上の装置の監視画面にアクセスし、アラームを確認し、
 
障害を確認することができます。また、監視装置にpingを実行したり、
 
リソース監視情報(CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率)を確認することができます。
 
その他、アラートをTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)で送信する機能や
 
RSSフィードとしてアラートを受け取ることができる機能など、
 
便利なネットワーク監視機能が追加されています。
 
ダウンロードはこちらから! 
(30日間、無料版を評価できます。)

なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corporation)のManageEngine Blogsを翻訳・加筆したものです。
元の記事(2010年1月19日投稿)はこちら(翻訳: ゾーホージャパン)

Comments are closed.