Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 4分

エンドポイント管理の課題

「新入社員XさんのパソコンにMS Officeが入っていません。業務で使うのでインストールしてください」

「新しいパソコンの設定が、何かおかしいのですが…ちょっと見て頂けませんか」

サービスデスクの担当をしていると、このような端末管理にまつわるリクエストを多く受けるのではないでしょうか。

要求自体は非常に単純ですが、「ライセンスの購入承認は降りているんだっけ?」「新しいパソコンって、どの端末だ?」といった事項に一つ一つ対処し、作業の度に現場まで向かっていると、工数がどんどん増えてしまいます。大企業で複数のフロアや拠点に社員が分散している場合は、なおさらです。

当記事では、このような課題を「サービスデスクツール」と「クライアント管理ツール」の連携によって解決するソリューションをご紹介します。個々のツールは独立していますが、併せて活用する流れを事例としてご覧いただくことで「クライアント管理ツールはサービスデスク部門にこそ必要だった!」と実感して頂けるはずです。

サービスデスク担当者がエンドポイント管理を行う場合

【リクエストの受付】

当記事をご案内しているManageEngineは、サービスデスク業務の効率化を低コストで支援するツール「ServiceDesk Plus(サービスデスク プラス)」を提供しています。

ServiceDesk Plusでは、先述の例「XさんのパソコンにMS Officeをインストールしてください」というリクエストを専用のフォームから送信できます。

リクエスト送信フォームは、個々の要件に応じて入力項目を簡単にカスタマイズできる他、下図のようにカテゴリー毎に分類して一覧表示させることが可能です(カテゴリー名や分類方法についても、各企業のニーズに合わせてカスタマイズできます)。

また、送信されたリクエストに対しては、

  1. まず経理に通知して「在庫利用/購入」の承認をもらう
  2. その後、システム担当者に通知してインストールの手配をしてもらう
  3. 全工程が完了したら、クローズする

といったワークフローを作りこむことも可能です。

リクエストの内容は、他の担当者にも進捗情報と共にオンタイムで共有されるので、対応漏れや作業バッティングによる混乱も発生しません。

【エンドポイントの管理】

ManageEngineでは、ServiceDesk Plusと連携して活用できるクライアント管理ツール「Desktop Central(デスクトップ セントラル)」も提供しています。ここからは、既にグローバルで大ヒットしている連携機能のご紹介です。

今回の事例で言うと、「XさんのパソコンにMS Officeをインストールしてほしい」という依頼を受けたサービスデスク担当者(Aさん)には、該当チケットが下記のように見えています。

Aさんは「どのパソコンを操作すれば良いのか」をチェックした後、「アクション」ボタンよりソフトウェアインストールの操作を行います。

この時、操作はServiceDesk Plus上で行いますが、裏で端末情報を検索したりソフトウェアをインストールしたりしているのはDesktop Centralとなります。無事ソフトウェアのインストールに成功したら、自動的にチケットがクローズされ、一覧の作業が終了します。

【困った時のリモートコントロール】

Desktop Centralでは、管理端末をリモートでコントロールする機能も備わっています。

別件のように「パソコンの調子が何かおかしいので見て欲しい」といった要求でも、直接現場へ赴くことなくリモートで確認できます。

 

連携機能についての資料ダウンロード/導入でお困りの方はこちら

いかがでしょう。Desktop Centralは、Windows/Macといったマルチクライアントを一元管理できる他、Adobe、Java、Chrome、Firefoxなど、200種類を超えるアプリケーションの脆弱性対応パッチを自動配布する機能も備えており、単体でも業務効率化に十分貢献できます。しかし、ServiceDesk Plusと連携することで、より活用の幅が広がるかと思います。

【資料ダウンロードについて】

今回ご紹介した連携機能の詳細および個別製品の概要資料につきましては、以下よりダウンロードして頂けます。

Desktop Central – ServiceDesk Plus 連携 概要説明資料

ITサービスデスクの品質向上とコスト削減を実現する「ServiceDesk Plus」ご紹介資料

Desktop Central 製品概要資料

また、オフィスに居ながら完結に製品の概要をチェックできるWebセミナーや製品について直接技術担当者に質問できる対面セミナーもお勧めです。

ServiceDesk Plus セミナー

Desktop Central セミナー

【訪問説明/デモを希望する場合】

今回ご紹介しているのはServiceDesk PlusとDesktop Centralという2製品を活用することが前提のソリューションですので、既にどちらかの製品を使ってる方以外は、

  • どのように検討/検証を進めればよいか
  • 本番環境への実装にどのくらいの負荷がかかるか
  • そもそも何からはじめたらよいか

などで戸惑ってしまうかもしれません。「2製品の検証を進める」と聞いた時点で精神的なハードルがかなり高いと感じるのではないでしょうか。

このような場合に少しでも負荷なく検討を進められるよう、ManageEngineでは「訪問/デモ依頼窓口」をご用意しています。ServiceDesk Plus用、Desktop Central用それぞれで窓口を用意しておりますが、どちらからご依頼頂いても構いません。

遠方の方でも、オンラインで対応する準備を整えておりますので、ぜひお気軽にお申込み下さい。

ServiceDesk Plus 課題相談

Desktop Central 課題相談

なお、ManageEngineでは、各製品について30日間無料でフル機能が使える「評価版(サポート付き)」をご提供しています。既にどちらかの製品をご利用中の方は、ぜひ他の製品の評価版をお試しください。

ServiceDesk Plus 評価版ページ

Desktop Central 評価版ページ

本日のご紹介は以上です。ご一読頂き、ありがとうございました。