Reading Time: 1 minutes




ITサービスサポートが変わる!インシデント管理と資産管理の統合




情報システム部門、業務改善セミナー


~検討すべき改善ポイントを抑える~




開催日時:2011年11月17日13:00~16:30


会場:ベルサール神田

冬も近づく11月17日、ソフトバンククリエイティブ株式会社主催のセミナーにおいて、

ゾーホージャパンによる講演が行われました!

今回は、「ITサービスサポートが変わる!インシデント管理と資産管理の統合」と題して、

ServiceDesk Plusで実現できるインシデント管理+資産管理の統合をご紹介いたしました。

ServiceDesk Plus | 2011年11月17日 情報システム部門、業務改善セミナー 会場風景

ServiceDesk Plusとは、Webベースのサービスデスク構築・運用支援ソフトウェアです。

順調にシェアを伸ばし、現在、ワールドワイドで

16,000社の導入実績

を誇っています

ではなぜ、世界中の企業がServiceDesk Plusを採用しているのでしょうか?

ServiceDesk Plusを導入するまでは、こんな課題を抱えている方が多いようです。

ServiceDesk Plus | 2011年11月17日 情報システム部門、業務改善セミナー ServiceDesk Plusを導入する目的

対応の属人化、情報の共有ができていない、問題のある資産をすぐに特定できない…

どれもヘルプデスク業務には、ありがちな課題ですよね?

そんなヘルプデスク業務の悩みを、ServiceDesk Plusでは、次のようなプロセスモデルを適用することで解決します!

ServiceDesk Plus | 2011年11月17日 情報システム部門、業務改善セミナー 実現できるワークフロー

セミナーではさらに、このプロセスモデルの中から、一部の機能をピックアップしてご紹介しました!


リクエスト管理(問い合わせ管理)



・インシデントの報告の仕方

・ナレッジベースを活用したインシデント対応方法

・ポータルサイトを使ったインシデント報告&ナレッジの参照方法

・ヘルプデスク業務のレポート作成方法


資産管理


・管理できる資産の種類

・ワークステーションの管理方法と管理できる情報

・インシデントと資産の関連付け

つまり、ServiceDesk Plusを導入すると次のようなメリットがあります。

・メールでの問い合わせ受付や、ポータルサイトの利用で、

問い合わせ対応のワークフローを確立する

ことができます。

・障害対応履歴の共有やナレッジベースの作成により、

問い合わせの解決時間を短縮

することができます。

・レポート作成で、ヘルプデスク業務の状況を正確に把握できるようになり、

人的リソースを有効に活用

できるようになります。

・ITIL準拠のサービスデスクを年間51万円からスタートできるなど、

運用コストをスリム化する

ことができます。

このほかにも、講演では、ServiceDesk Plusユーザ様の導入までのプロセスや、実際の運用イメージも紹介しました。

残念ながら、セミナーにご来場いただけなかった方、当社のWebページからも、導入事例のご確認が可能です!



http://www.manageengine.jp/products/ServiceDesk_Plus/case-studies.html

いかがでしょうか?

ServiceDesk Plusが、企業内のインシデント管理と資産管理の統合をするのに、

有効なツールであることがお分かりいただけたでしょうか?

ぜひ、ServiceDesk Plusで快適なITサービスサポートを手に入れましょう!

セミナーにご来場くださった皆様、ありがとうございます!

今回の講演が、少しでも皆様のITサービスサポートの参考になれば幸いです。

ちなみに、今回、会場で皆様にお配りした水は、ゾーホージャパンのノベルティでした!

ServiceDesk Plus | 2011年11月17日 情報システム部門、業務改善セミナー 講演中

お気づきになられましたでしょうか!?

ServiceDesk Plus | 2011年11月17日 情報システム部門、業務改善セミナー ノベルティ

年明けにも、ゾーホージャパン主催のServiceDesk Plusセミナーを予定しています。

決まり次第、このブログでもお知らせしますので、ぜひぜひ、ご覧くださいね




フィードバックフォーム

当サイトで検証してほしいこと、記事にしてほしい題材などありましたら、以下のフィードバックフォームよりお気軽にお知らせください。

Comments are closed.