権限

Password Manager Pro 8.7の新機能をご紹介~役割のカスタマイズ~

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 特権ID管理ツールである、ManageEngine Password Manager Proの新バージョン(ビルド8.7)を2017/3/23にリリースしました。 本ブログでは、新機能の『役割のカスタマイズ』機能をご紹介します。 役割のカスタマイズとは? これまでのバージョンでは、Password Manager Proを利用するユーザーの役割に応じて、4種類の権限より特権IDへのアクセス権限を設定できましたが、本バージョンからは、さらにユーザーの操作権限を詳細に設定することが可能になりました。 約100種類以上の操作権限をカスタマイズすることで、ユーザーの役割に沿った権限の付与を実現します。 役割の設定画面は以下のような画面で、デフォルトでは4種類の権限を定義しています。 図 役割の画面 役割を追加する際は、利用する機能を選択しますが、既存の役割をテンプレートとして利用することで、効率的に作成することも可能です。 図 役割の追加画面 ぜひ、Password Manager Proの新機能、“役割のカスタマイズ” 機能を活用してみてください! (注) 管理者の操作内容が使用できる役割は、管理者(アドミニストレーター)としてカウントされます。Password...

Password Manager Pro 1 min read

Active Directoryの委任とは?権限委任で管理者の負担を軽減しよう!【連載:ADについて学ぼう~応用編(1)~】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 【目次】 連載:ADについて学ぼう ドメイン内には多くのOUが存在しており、さらに各OUには多くのユーザーやグループといったオブジェクトが存在しています。そんなOUに対する管理変更(パスワードリセットやユーザー作成や削除など)を、ドメイン管理者が全て行っている場合、ドメイン管理者の負担は大変大きくなりがちです。 そこで、Active Directoryの機能の一つである「制御の委任」を行うことにより、OU単位で、特定の管理作業だけを任せることができるようになります。これにより、Active Directory内の管理作業を分担することが出来るため、ドメイン管理者の負担を軽減することが可能です。 今回はセキュリティ管理者にとって、特に負担が大きくなりがちな「パスワードリセット」の権限委任を例に、委任の設定方法をご紹介していきたいと思います。 1.「Active Directoryユーザーとコンピュータ」を起動します。 2.制御の委任を行うOUを右クリックして、「制御の委任」を選択します。 3.「オブジェクト制御の委任ウィザード」が起動します。 4.[追加]ボタンをクリックして、権限委任を行うユーザーまたはグループを選択します。 5.委任するタスクの種類を以下の2つから選択します: (今回は[委任するカスタムタスクを作成する]を選択します。) [次の共通タスクを委任する] 制御を委任できる共通タスクは次の通りです。 ・ ユーザー アカウントの作成、削除、および管理 ・ ユーザーのパスワードをリセットして次回ログオン時にパスワードの変更を要求する ・...

ADAudit Plus , ADManager Plus , ADSelfService Plus 1 min read