Reading Time: 1 minutes
この記事の所要時間: 約 1分

topimg_adssp2

ドメインパスワードの管理はどのように運用されていますか?

一般的に、企業のヘルプデスクに寄せられるリクエストの「30-50%」が、
「アカウントロックの解除」や「パスワードのリセット」への対応依頼だと言われています。
さらに、1件あたりの対応には「平均 20分」をも要すると言われています。

helpdesk-call組織のセキュリティ強化が求められる昨今、
ストロングパスワードの利用強制により、
ユーザーのパスワード忘れが頻発しがちです。

ヘルプデスクは、ユーザーの非稼働時間を最小限に抑えるために、
これらの依頼に最優先で対応するため、対応負荷が過大になっています。
さて、あなたの組織はいかがでしょうか?

 

本日、ManageEngine シリーズより、このヘルプデスクの過大な負荷を大幅に軽減するツールをリリースしました!

Windows Active Directory(AD)上のアカウントロックの解除やパスワードのリセット
の運用を効率化する、Active Directory アカウント管理セルフサービスツール
ManageEngine ADSelfService Plus(エーディ・セルフサービス・プラス)」です。

すでに全世界で14,600社が導入しています。

その注目の解決方法は…!?

ヘルプデスクに依頼することなく、
ドメインユーザー自身がアカウントロックの解除やパスワードのリセットを実行できる環境を提供します。

これにより、ヘルプデスクのカウントロック解除/パスワードリセットの対応負荷を大幅に削減し、
ユーザーの非稼働時間を縮小して、組織の生産性を向上できます。

ad-self-service

▼1分29秒の製品紹介動画 を紹介しています:
http://www.manageengine.jp/products/ADSelfService_Plus/demos.html

▼ 8月20日付 製品発表のプレスリリースはこちら:
http://www.manageengine.jp/news/news_20140820.html

 

もし、少しでもご興味を持っていただけましたら、
「30日間の無料トライアル(評価版)」を是非お試しください。
評価期間中は、技術サポートもご利用可能です。

▼ 製品の評価版(30日間無料)&資料をダウンロードできます:
http://www.manageengine.jp/products/ADSelfService_Plus/download.html

Comments are closed.