IT資産管理

企業がUSBセキュリティ管理システムを導入すべき6つの理由

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分   本ブログは、Giridhara Raam氏による記事を翻訳、一部加筆したものです。リンク表記箇所については、原文から引用しております。 「技術力が向上すれば、その副作用や潜在的危険もまた大きくなる。」 ーアルビン・トフラー、アメリカの作家・未来学者  無料資料をダウンロード:おすすめのランサムウェア対策6選 ここ数十年で、テクノロジーは劇的な発展を遂げました。ブラウン管がLEDモニターになり、イラストレーションアプリの主流はMicrosoftの「ペイント」からGoogleの「Tilt Brush」になりました。記憶媒体もフロッピーディスクからUSBへ移行するなど、様々なものにおいて、サイズ、品質、性能すべてが変化しました。こういった技術発展は進歩をもたらしますが、同時に新しい脅威ももたらします。 ユニバーサルシリアルバス(USB)は、PCの背面にあるさまざまなコネクタを置き換えることで、既存のインターフェースのユーザビリティを高め、デバイスソフトウェア構成を合理化するために考案されました。USBの使用は、外部デバイスの転送速度も向上させました。1994年にリリースされた最初のUSBから2013年にリリースされたUSB3.1に至るまで、この技術は性能とストレージに関して大きな進歩を遂げました。しかし、USBデバイス(特にフラッシュドライブ)の進化は、脅威やリスクもはらんでいるのです。 今回は、企業がUSBセキュリティ管理システムを導入すべき6つの理由をご紹介します。

Desktop Central , セキュリティ 1 min read

SCCMに代わる、手頃で手軽なエンドポイント管理ソフトとは?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 本ブログは、Angsuman Hazarika氏による記事を翻訳、一部加筆したものです。リンク表記箇所については、原文から引用しております。 IT資産管理ソフトを使用せずにエンドポイント管理を行うのは、かなり難しいです。Microsoftはエンドポイント一元管理市場をリードしていますが、System Center Configuration Manager (SCCM)の代替となる良いソフトはあるのでしょうか?低コストで、すぐに使いこなせるソフトはあるのでしょうか?ソフトウェア配布や、パッチ配布、役割の管理、クライアント管理などの”単純”な作業は本当に簡単なのでしょうか? Desktop CentralがSCCMに代わる最良のソリューションだと言える理由は6つあります。

Desktop Central 1 min read

どこで差がついた?ここがヘルプデスク運用効率化の分かれ道!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 業務拡大によりますます少ない人数でヘルプデスクの運用を行うことになっていたA君とB君。効率化を検討したものの、いつしか大きな差が生まれてしまう…。今回は、効率的なヘルプデスク運用を目指しながらも、どこで差がつくのか、X社とY社の例を通して紹介しよう。 X社の情報システム部門 A君 新たにヘルプデスク用のツールを導入するのは覚えることも多いし、導入も大変そう。余裕もないし、環境を変えることなく、これまでと同じようにグループウェアや表計算ソフトで管理し続けるのが、結局は効率化につながるのでは?   Y社の情報システム部門 B君 このままグループウェアや表計算ソフトで管理していては、いずれ限界がくるだろう。少ない人数で効率的に管理するには、低コストで導入しやすく、運用の一部を自動化できるしくみが不可欠…。更に将来的にはITILにも対応する必要もあるだろう。早急に対応ソフトを探さなければ。 異なる2つの道を選んだA君とB君。それぞれどのようなことになるのだろうか。   A君の場合 「色々とヘルプデスク運用を効率化するツールもあるようだけれど…導入するには時間もコストも余裕がなさそう。」 こう考えていたA君。例えば導入前にコンサルティングを受けるにしても、現状の課題の洗い出しやインシデントやサービス要求に関する問い合わせの要件をまとめたりするのは難しい。現行の業務と並行しながらツールを導入するのは困難と判断したのだ。 「それにツールを導入しても、自社に合わせてカスタマイズや細かい設定が必要なのでは。新たな操作を覚える必要もあるだろう。」 しかし、メールや電話で届くインシデント情報の管理や入力の手間は増える一方。更にデータベースソフトで作ったツールは、データの増加にともない処理速度が遅くなってきていて、管理やメンテナンス、データ集計にも時間が取られることが分かってきた…。   B君の場合 「ヘルプデスク導入のために、コンサルをお願いしたりする時間を取りにくい。自分の予定に合わせやすい無料の評価版を試してみよう!」 B君は導入にかかる時間や手間を減らすためにも、まずは無料評価版で試せるツールを検討。その中でもやはり、導入に負担がかからないのは、自社のヘルプデスク運用に合ったパッケージソフトということが分かった。 「パッケージソフトではカスタマイズはほとんど必要ない。設定も簡単な製品だと、管理側の負担もかなり減る。それに、入力しやすくて分かりやすい画面だと、実際の運用の際にも負担は軽減できそうだ。」 評価版を試す過程で、インシデント管理に関する要件も少しずつ整理していたB君。 低コストで導入しやすく、操作しやすいインターフェースを兼ね備えていることから、ゾーホージャパンの ManageEngine ServiceDesk...

ITIL ITサービスマネジメント , ServiceDesk Plus , 一般 , 未分類 1 min read