OpManager

ManageEngine OpManagerはエージェントレスで、仮想サーバー、物理サーバー、ネットワーク機器、トラフィック、イベントログなど、統合的な運用監視を実現するソフトウェアです。解りやすいGUIで誰でも簡単に監視できるのが特長です。 Visit:

OpManager | 中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 ※これは、2011年7月27日に開催した「中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー」のセミナーレポートです。 【中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー】 ~ネットワーク運用管理における監視業務の負荷を軽減するための最適な組み合わせのご紹介~ 開催日時 : 2011年7月27日(水) 15:00-16:30 会場 : 株式会社システナ(浜松町) 昨日 7月27日(水)に、ゾーホージャパン/システナ共催による 「中堅企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー」を開催いたしました。 ゾーホージャパンからは、セッション1 「統合ネットワーク監視ツール ManageEngine OpManager のご紹介」を行いました。 また、弊社の販売パートナーであるシステナからは、セッション2「『OpManager』を利用したシステナリモート運用監視サービスの導入メリット」をご紹介しました。 ******************************* はじめに、セミナーに参加いただいた方全員に、「ネットワーク監視」簡単診断チェックをしていただきました。 内容は、次の通りです。ぜひ皆さまもチェックしてみてください。 「ネットワーク監視」簡単診断チェック: 1つのツールですべての機器を監視したい...

OpManager 1 min read

OpManager | OpManagerと警子ちゃんの七夕セミナー

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 ※これは、2011年7月7日に開催した「OpManagerと警子ちゃんの七夕セミナー」のセミナーレポートです。 【OpManagerと警子ちゃんの七夕セミナー】 ~ネットワーク運用管理における監視業務を改善する最適な組み合わせのご紹介~ 開催日時 : 2011年7月7日(木) 15:00-16:30 会場 : 市ヶ谷健保会館(恵比寿) 昨日、7月7日は七夕の日です。 残念ながら曇り空のため、夜は星空が良く見えませんでしが、 皆さんはどんな願い事を短冊に書かれましたか? この七夕の日に、ゾーホージャパンのManageEngineチームは、 アライアンスパートナーのアイエスエイ社とともにセミナーを開催いたしました。 今回は、当社の統合ネットワーク監視ツール OpManagerと、 警告灯の警子ちゃんを組み合わせたネットワーク監視がテーマです。 ******************************* 今回の講師は、前回同じくOpManagerの製品担当・小栗が担当いたしました。 また、警子ちゃんについてはアイエスエイ社の松本様にご説明いただきました。 [打ち合わせ中のアイエスエイ社・松本様(右)とゾーホージャパン・小栗(左)]  OpManager単体で豊富な機能、テンプレート、レポートを備えており、 インストールから監視を始めるまでもたったの10分。...

OpManager 1 min read

Interop Tokyo 2011に出展いたしました

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 先週6月8日から10日まで、幕張メッセで開催されたIT業界最大の展示会、 Interop Tokyo 2011に、ゾーホージャパンも出展いたしました。 初日は雨がぱらつきましたが、天候にもめぐまれ、 震災の影響にも負けずに多くの方にご来場いただきました。 皆さん、ありがとうございました。 このブログを読んでくださっているあなたも、当社ブースに来ていただけたでしょうか? 今年、当社は「課題別に探しませんか?低コストの運用管理ツール」と題して、 ManageEngine事業から6製品、WebNMS事業から2製品を展示いたしました。 予想をはるかに超えるたくさんの方に来ていただけて、嬉しいことに、用意していた資料のほとんどは在庫がなくなってしまいました。 毎朝と毎夕方には資料セット作りでてんてこ舞いでしたが、たくさんの方にManageEngineへ興味をもっていただけて、スタッフ一同大喜びです。 この展示会で初めてゾーホージャパンを知った、という方も多かったようです。これを機に、ゾーホージャパンとManageEngineの名をしっかりと記憶に刻んてください。 ゾーホージャパンのManageEngineですよ! 今回Interopには行けなかった…デモを聞けなかった…という方も、ご安心ください! ManageEngine事業では、OpManagerやServiceDesk Plusのセミナーを随時開催しています。 直近のスケジュールは以下の通りです。 6月22日(水) ⇒  ヘルプデスクと資産管理の連携による業務改善セミナー (共催:株式会社パナッシュ) 7月 7日(木)...

DeviceExpert , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , NetFlow Analyzer , OpManager , ServiceDesk Plus , 一般 1 min read

ServiceDesk PlusとOpManagerのセミナー開催情報

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 早いものでもう6月後半に入りました。 梅雨真っ只中ですが、元気にネットワークを監視していますか? 近日、ManageEngineの2大人気製品、サービスデスク構築・運用ツールServiceDesk Plusと、 統合ネットワーク監視ツールOpManagerのセミナーを開催いたします。 【ServiceDesk Plus】 ヘルプデスクと資産管理の連携による業務改善セミナー 日 時: 2011年6月22日(水) 15:00~16:30 会 場: 株式会社パナッシュ オフィス(JR線/日比谷線 恵比寿駅) →地図 主 催: ゾーホージャパン株式会社、株式会社パナッシュ 参加費: 無 料 内 容: 問い合わせ管理と資産管理の機能を備えた本製品を導入することで、      企業内のITサービスサポート業務をどのように効率化することができるのでしょうか?...

OpManager , ServiceDesk Plus 1 min read

「中小企業のためのネットワーク運用管理支援セミナー」を開催しました!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 ※これは、2011年5月19日に開催した「中堅企業のためのネットワーク運用管理セミナー」のセミナーレポートです。 台風2号の影響で、雨が降り急に気温が下がりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 去る5月19日(木)にManageEngine OpManagerのセミナーを株式会社システナ社にて開催しました。 本日はそのセミナーの様子をご紹介したいと思います。 今回は、近々ネットワーク監視ツールの導入を検討しており、実際に現在OpManagerを評価中の方も多くいらっしゃいました。 内容としては、まずゾーホージャパンの製品担当者がデモを交えてOpManagerの概要を紹介し、 その後会場となった株式会社システナ社から実際の導入事例をご紹介いただきました。 講師を担当したのは、弊社のOpManager技術担当・小栗(通称おぐりん)です。 入社2年目を迎え、威風堂々とした姿です。     それではセミナーの内容をちょこっとだけ、ご紹介しちゃいます!   “設定を楽に行いたい” けれども、“操作・設定に掛かる大きな作業負荷”が…. “監視コストを抑えたい” けれども、“高額な導入・保守費用”が…. “機器を一括監視したい” けれども、“複数ツール併用による非効率な監視”が…. そんな監視ツールの導入時に生まれてくるお悩み3兄弟を払拭してくれるのが、OpManagerです。  ...

OpManager 1 min read

スマートフォンから障害対応!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 みなさん、こんにちは!   突然鳴り出すケータイの着信音。それがネットワーク障害のコールだったことがありませんか?   このまま久々に会った友人たちとの飲み会を続けたいけど・・・。   こんな時、ネットワーク障害の詳細をすぐに確認できたらいいのに!       OpManagerでは、スマートフォン(iPhone, BlackBerry)用UIを使って、   ネットワーク障害が発生している装置の情報を把握することができます。   これにより、現場にいなくても、第一段階のトラブルシューティングを行うことができます。   現場のメンバーと協力しながら、迅速な障害対応を実現できます。     OpManager ヴァージョン8.5(ビルド番号8060)では、...

OpManager 1 min read

OpManager、ネットワーク監視部門読者投票にて3位に!!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 0分 みなさん、こんにちは! ManageEngine OpManager が、2010年3月に発表された 「WindowsNetworking.com Readers’ Choice Award」の ネットワーク監視部門読者投票にて3位に選出されました! OpManager は、このネットワーク監視部門読者投票に 3年連続トップ5にランクインしている唯一のネットワーク監視ソフト です。 この間、毎年順位が上昇しています アワードの詳細ページは、こちら です。 WindowsNetworking.com Readers’ Choice Awardは、TechGenix Ltdが発行する オンラインマガジン「WindowsNetworking.com」が主催する読者主体のアワードです。...

OpManager 1 min read

タコの「パウル君」はシステム障害も予測できる?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 0分 1カ月間繰り広げられたW杯もついに終わってしまいましたね。   ドイツがウルグアイに勝利した3位決定戦は激闘でした。 決勝では、スペインが延長戦の末にオランダを下し、初優勝を果たしました。華麗なパスサッカーでしたね! 占いタコ「パウル君」も、ドイツとスペインの勝利を見事的中させました!的中率は100%です!   ところで、このタコ「パウル君」があなたの会社にいたら、 社内のネットワークのシステム障害を予測して解決してくれるでしょうか?   もしそんな頼れるネットワーク監視ツールをお探しなら、サーバ・ネットワーク統合監視ツール ManageEngine OpManager をチェックしてみてください! 30日間、無料で評価できます!(無料版もあります。) W杯の興奮はまだ冷めませんが、少し落ち着いたら、ダウンロードして使ってみてくださいね。   なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corporation)の ManageEngine Blogsを翻訳・加筆したものです。 元の記事(2010年7月9日投稿)はこちら(翻訳: ゾーホージャパン)

OpManager 1 min read

サッカーの審判とネットワーク管理者の関連性とは?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 皆さんワールドカップを楽しんでいらっしゃいますよね!もちろん私もです。ワールドカップの試合を観戦していて、サッカーの審判には2つのタイプがあると気付いたんです。もちろん便宜上ですが・・・。 一つ目のタイプは、選手が他の選手に少し触れただけでホイッスルを吹く審判です。数秒ですが試合は中断し、流れのある試合が台無しになってします。 もう一つのタイプは、もう少し経験のある審判です。本当に危険な攻撃がされる場面とそのときに試合を中断する価値があるかどうかをきっちり認識しています。この場合は、イエローカードやレッドカードとなることが多いでしょう。 さて、ネットワーク監視をサッカーに例えるならどうなるでしょうか?サッカーグラウンドに当たるのはネットワークとなり、審判、選手に当たるのはそれぞれネットワーク管理者、ユーザとなります。ネットワーク管理者についても同様に2つのタイプに分類してみます。 まず一つ目のタイプが、一人の人によって起こされたネットワーク遅延などのネットワーク障害を確認するためにネットワークすべてを止めてしまうネットワーク管理者です。これではネットワーク上のユーザすべてに影響が出てしまいます。 他方は、経験と適切な監視ツールにより、障害の在りかをきちんと把握するネットワーク管理者です。ネットワーク全体に不必要な不便をかけることなく、根本原因(人やアプリケーションなど)を突き止めます。 もしあなたがネットワーク管理者なら、どちらのタイプでしょうか?適切なネットワーク監視ツールをお探しならこちら をどうぞ。 なお、このブログは、米国本社(ZOHO Corporation)のManageEngine Blogs を翻訳・加筆したものです。 元の記事(2010年6月23日投稿)はこちら (翻訳: ゾーホージャパン)

OpManager 1 min read

ネットワーク監視ツールを選定するときの注意点

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 ネットワーク監視ソフトを導入するとき、その選定作業は、ネットワーク管理者の仕事の一つとなることが多いと思います。日課のネットワーク監視業務や不定期に実施するトラブルシューティングが業務時間の大部分を占め、適切なネットワーク監視ツールを選択する十分な時間はほとんどないのではないでしょうか。 評価が締め切りに近付くにつれ、間違った決断を急いでしてしてしまう可能性が高まります。ここは冷静になって、例えばソフトウェアのライセンスコストだけでなく、ダウンタイムを減少する等の運用コストにも注意したいところです。 今回のテーマは、ネットワーク監視ツールを選定するときの注意点についてです。     1. ネットワーク監視の要件の再考 まずは、ネットワーク監視の要件リストや過去に起きたネットワーク障害の上位項目をまとめることが重要です。次に、監視ツールがこれらの問題に対応しているかを確認することが大事です。また、要望したい機能についても考慮してみてはどうでしょうか?   2. 習得が難しく、なじみのない技術の採用がもたらすリスク     典型的なシナリオの一つとして、上層部が、使い方が簡単でなく、高いコンサルティング費用がかかり、導入期間が長くなってしまう、ネットワーク監視ソリューションを選択してしまうことがあります。 自社のエンジニアに喜ばれるツールについて、彼らに聞いてみたいと思うかもしれません。例えば、「黒い画面のコンソールと優れたGUIではどちらを好むか」という質問です。   また、監視ツールはロケット科学のように高度に専門的であってはいけません。入社したての社員でさえ、業務的に大きな負担なく使用できるツールが求められます。多くの情報システム部門は流動的であり、管理者に同じレベルの理解を期待するのは実用的ではありません。   例えば、Windowsベースでずっと作業してきた管理者に、Liunxベースのネットワーク監視ツールが与えられた場合を考えてみてください。 一例:スクリプトやXMLファイルの設定のエキスパートであった上司が移動。残ったメンバーにとっては、スクリプトやXMLファイルの管理やそれを使ったカスタマイズが難しくなってしまうことがあります。    ...

OpManager 1 min read