NetFlow Analyzer

NetFlow Analyzerは、ネットワークの帯域利用状況を監視する、NetFlow/sFlowコレクターです。NetFlow、sFlowなどのネットワークフローデータを解析し、ネットワーク帯域の利用状況を可視化します。 Visit:

NetFlow Analyzerでグループを作成する

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 本ブログでは、NetFlow Analyzerでグループを作成する手順を紹介します。 NetFlow Analyzerでは、次のようなグループを作成できます。 ・IPグループ ・装置グループ ・インターフェースグループ それぞれ、作成手順は次のとおりです。 ・IPグループを作成する手順 1. [IPグループ管理]をクリック 2. [追加]をクリック 3. グループ名を入力し、グループの基準やIPの指定などを設定 保存するとIPグループの一覧に表示されます。 ・装置グループを作成する手順 1. [装置グループ管理]をクリック 2. [装置グループ]で[追加]をクリック 3....

NetFlow Analyzer 1 min read

2015年 情報セキュリティEXPO【秋】出展

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 10月28日(水)から30日(金)まで、幕張メッセにて開催される秋のITweek(情報セキュリティEXPO)に、ManageEngine を出展します。例年同様、デモ環境をご用意いたしますので、会場では実際の画面を使ってManageEngine製品をご紹介いたします。会場にお越しの際はぜひ、当社のブースにお立ち寄りください。 今回、ManageEngineシリーズは「IT運用管理をシンプルに」をキーワードに、 特権ID管理 / Active Directory管理 クライアント管理&パッチ管理 ネットワーク統合管理 の3テーマを掲げて製品を展示します。     開催概要 ■イベント名:第5回情報セキュリティEXPO秋(「2015 Japan IT Week 秋」内) ■日時:2015年10月28日(水)~30日(金) 10:00〜18:00 ■会場:幕張メッセ 3〜6ホール ■主催:リード エグジビション...

ADAudit Plus , ADManager Plus , Desktop Central , NetFlow Analyzer , OpManager , Password Manager Pro 1 min read

2015年 クラウドコンピューティングEXPO【春】出展

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 2015年も5月13日(水)から15日(金)まで開催される春のITweek(クラウドコンピューティングEXPO)に、ManageEngine を出展します。例年同様、デモ環境をご用意いたしますので、会場では実際の画面をお見せできます。会場にお越しの際はぜひ、当社のブースにお立ち寄りください。 今年、ManageEngineシリーズは「IT運用管理をシンプルに」をキーワードに、 ネットワーク管理 セキュリティ管理 AD管理 の3大テーマを掲げて製品を展示します。     開催概要 ■イベント名:第6回クラウド コンピューティングEXPO春(「2015 Japan IT Week 春」内) ■日時:2015年5月13日(水)~15日(金) 10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了) ■会場:東京ビッグサイト ■主催:リード エグジビション ジャパン株式会社 ■公式Webサイト:http://www.cloud-japan.jp/ja/Home_Haru/...

ADAudit Plus , ADManager Plus , ADSelfService Plus , Applications Manager , DeviceExpert , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , NetFlow Analyzer , OpManager , Password Manager Pro , ServiceDesk Plus , 一般 1 min read

ゾーホージャパンは今年も ITpro EXPO 2013に出展しました!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 今年はももクロの参加で話題となった「ITpro EXPO 2013」ですが、ゾーホージャパンのManageEngine製品展示ブースも大盛況のうちに3日間を終えました。当社ブースまでお越しくださった皆様、ありがとうございます♪ 今年は「運用管理ソフトでコスト削減」をテーマに、そのコストパフォーマンスの高さから企業や官公庁・自治体での導入が進んでいるサーバ・ネットワーク統合監視ソフト「OpManager」をはじめ、ITILサービスデスク管理ソフトの「ServiceDesk Plus」やログ管理ソフト、「EventLog Analyzer」、そして、今夏リリースしたばかりの特権ID管理ソフト「Password Manager Pro」など、9製品と国内導入事例を展示しました! ブースでは、ゾーホー社員がお客様の抱える運用管理の課題に対して、ManageEngineでどのように解決できるか、さらにIT運用管理コスト削減についての説明をさせていただきました。 もし、話を聞き足りなかった…という方やITpro EXPOに参加できなかった…という方がいらっしゃいましたら、明日10月25日(金)まで開催中の「2013 Japan IT Week 秋」にも同テーマで出展中ですので、ぜひご来場をご検討ください! また、11月以降に、製品ごとのセミナーを開催します♪ こちらもぜひご参加ください。   ◇セミナー日程◇ 2013年11月22日(金) 【ICT管理者向けセミナー】 意外と手がつけられていない、「ID管理/証跡管理」 –ニッチなセキュリティ管理ソフトはじめました —...

ADAudit Plus , Applications Manager , DeviceExpert , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , NetFlow Analyzer , OpManager , Password Manager Pro , ServiceDesk Plus 1 min read

夏休みも終わり、「IT運用管理の基礎」の授業が始まるよ!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 9月になりました。子供たちの夏休みも終わり、学校に戻ったことでしょう。 みなさんは、新学期がはじまった最初の一週間、とても早く時間が過ぎていったことを覚えていますか?一般的に、初めの数日は休暇に入る前に学んだことを復習し、新しく習う領域が理解しやすくなるカリキュラムが組まれています。 実は、IT運用管理の基本にも同じ考え方が当てはまります。人は、ついついすぐ流行りの技術にばかり飛び込みがちですが、その技術を理解するのは基本があってこそ。今日は、IT運用管理の基本三原則、監視、自動化、そしてレポーティングを復習しましょう。 そしてラッキーなことに、ManageEngineが提供する多種多様なソフトウェアは、IT運用管理の3つの基本をすべてカバーしています。運用管理の基本を復習しつつ、関連するManageEngine製品についても見ていきたいと思います。 ■監視 間違いなく、IT運用管理において「インフラ監視」以上に重要なものはあり ません。効果的に監視できていない場合は、障害や容量不足に対して事後対応になりがちで、 ひどい時は幹部のお怒りかってしまことも。 ManageEngineは、運用管理の主要な2領域、すなわちIT運用とサービス管理をひとつのダッシュボードに組み込んだIT360(※IT360は、2013年9月現在日本法人のサポート対象外です。)というインフラ監視ツールに取り組んでいます。これひとつで、ITインフラストラクチャ全体を監視できるのです。 Applications Managerは、ビジネスアプリケーションの高可用性とパフォーマンス維持を可能にするサーバ・アプリケーションパフォーマンス監視ソフトウェアです。このソフトウェアひとつで、ITリソースの全体を俯瞰し、さまざまなコンポーネントのパフォーマンス監視できます。 ■自動化 反復的で日常的なタスクを自動化すれば、無駄な工数を省いてプロジェクトに時間を割けられるようになります。 自動化はIT運用管理部門の効率を最大化する鍵です。 完全なエンドツーエンドのネットワーク監視ツールであるOpManagerのような製品を使用すると、トラブルシューティングの第一ステップを自動化し、定常的なメンテナンス作業を自動化できます。ITワークフローという機能を利用するとこの効果を得られます。 同様に、ITILを基盤に構築された資産管理とプロジェクト管理機能を備えた統合的なヘルプデスクソフトウェアのServiceDeskPlusは、自社(あるいは顧客)のルールに則り自動的に担当技術者を割り当てることが可能です。 ■レポート 強力で便利なレポートは、実用的な洞察力を与え、ビジネス的に最良の意思決定を支援します。 レポートのカスタマイズ性と自動生成はレポート機能の要件に含まれるようになってきました。 AdAuditのように、ネットワーク内の重要なリソースを確実に監査・監視して、150を超えるイベントの種類ごとにまとめられたレポートを作成し有事にメールアラートを送るツールもあります。NetFlow Analyzerは、リアルタイムにネットワークの帯域幅性能を可視化するだけでなく、キャパシティプランニングに役立つレポートも提供します。 学校の話をもちだしたことで、赤点、居残り、先生にあてられてみんなの前で間違えてしまった….など学生時代のつらい思い出いを呼び起こしたりなんてしていないことを願いますが、学校で習ったように「基本を振り返る」ことは大変重要であり、このページがその役目を担うことはおそらく半永久的に(?)不変的でしょう。...

Applications Manager , NetFlow Analyzer , OpManager , ServiceDesk Plus 1 min read

ゾーホーは今年もInterop Tokyo 2013 に出展しました

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 お天気は生憎の雨続きでしたが、関係者一同を恐怖のどん底に突き落とした台風はいつの間にか収まり、ゾーホージャパンのManageEngine製品展示ブースも大盛況のうちに3日間を終えました。 当社ブースまでお越しくださった皆様、ありがとうございます♪ 当社でも毎年の恒例行事になりつつある、Interop出展ですが、今年は「IT運用管理コストを見直しませんか?」を合言葉に「Best of Show Award 2013 マネジメント モニタリング&テスティング部門」のファイナリストに選出されたサーバ・ネットワーク統合監視ツールのOpManagerをはじめ、ITILサービスサポートの実現を支援するサービスデスク構築・運用ツールのServiceDesk Plusや、Windowsイベントログ&Syslog管理ツールのEventLog Analyzerなどを展示しました。 ブースでは、ゾーホー社員によるManageEngineが支援するIT運用管理コストの削減についての説明をさせていただきました。 もし、話を聞き足りなかった…という方やInteropに参加できなかった…という方がいらっしゃいましたら、ぜひ7月に開催するManageEngine製品セミナーへのご参加をご検討ください! ◇セミナー日程◇ 2013年7月3日(水) 【サーバ・ネットワーク統合監視ツール ユーザ事例セミナー】仮想化サーバ導入後のカオスを解決するIT運用管理 本セミナーでは、OpManagerのユーザ様による講演を予定しています。実際のユーザ様から製品の使い勝手や効果を聞けるチャンスです! 2013年7月4日(木) 【ネットワーク管理者向けセミナー】特権管理者を守る!操作履歴と証跡の管理、コンフィグ管理 Interopでも人気が高かった統合ログ管理ツール「EventLog Analyzer」とコンフィグ管理ツール「Device Expert」を用いたネットワークセキュリティの確保をテーマにお送りします。 2013年7月5日(金) [ITIL実践セミナー]コストを削減しながら管理プロセスを維持・拡大する方法 たかが問い合わせ管理…しかし本気でIT運用管理コストを削減したいなら、ヘルプデスク/サービスデスク運用にメスをいれたいものです。ServiceDesk...

Applications Manager , DeviceExpert , EventLog Analyzer , Firewall Analyzer , NetFlow Analyzer , OpManager , ServiceDesk Plus , 一般 1 min read

【セミナー開催報告】 低予算で効率化できるトラフィック解析(2012年11月29日)

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 2012年11月29日(木)、東京国際フォーラムにおいて ゾーホージャパン主催のネットワーク管理業務改善セミナーを開催しました。 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございます。 今回のセミナーでは、 「IT運用管理コストの削減」と 「IT品質の維持(セキュリティの維持)」を実現する、 ネットワーク管理ツールの選定ポイントを解説しました。 また、その具体的な製品例として、ManageEngineシリーズより 「ネットワークトラフィック解析ツール」と「トラフィックログ解析ツール」を利用した 課題解決方法と導入事例を紹介しました。 セミナー風景と講演内容を、簡単にご紹介します。   —セッション1: ————————————————— 『 高額なハイエンド向けの監視ツールは本当に必要か? 』 ———————————————————————— 企業のIT投資の6割を占める「運用保守費」。 そのうちの27%を占める「外部委託費」や、 32%の「ソフトウェア関連費」を効果的に削減する方法として、 「必要な機能に絞ったコストパフォーマンスの高いツールを使った、内製化」 をおすすめします。 一方で、...

Firewall Analyzer , NetFlow Analyzer 1 min read

【イベント情報】トラフィック解析セミナーを開催します!

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 来る2012年11月29日(木)、東京国際フォーラムにて ネットワークのトラフィック解析をテーマとしたセミナーを開催します。 ITコスト削減が求められている今日、 ネットワークの効率的な運用管理が急務となっています。 低予算、かつ、使い勝手の良いツールを選択することで 2つの課題を両立することができるとしたら…? >>>続きは、セミナーで! http://www.manageengine.jp/news/event_20121129.html   また、低予算でもセキュリティ対策はしっかり行いたいですよね? ―――――――――――――――――――――――――――― トラフィックログ解析とフローデータ解析、2つの方法で ネットワークセキュリティ管理を効率化します! ――――――――――――――――――――――――――――― 本セミナーでは、 マルチベンダのファイアウォール・UTM・プロキシサーバの一元的なログ管理や、 アプリケーション・プロトコル・通信ごとのネットワークトラフィックの可視化 を、低予算で実現する2製品の活用方法をご紹介します。 ファイアウォール・プロキシ ログ解析ツール「Firewall Analyzer」と 帯域監視・トラフィック解析ツール「NetFlow...

Firewall Analyzer , NetFlow Analyzer 1 min read

【セミナー開催報告】 低予算で効率化できる、サーバ・ネットワーク監視ツール、トラフィック解析ツール(9/6)

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 2012年9月6日(木)、東京国際フォーラムにおいてゾーホージャパン主催の ネットワーク管理業務改善セミナーを開催しました。 開催前にお申し込みが殺到した本セミナーですが、当日もたくさんの方にご来場いただきました。 誠にありがとうございます。 今回のセミナーでは、 「IT運用管理コストの削減」と「仮想・クラウド混在環境におけるIT品質の維持」を実現する、 ネットワーク管理ツールの選定ポイントを解説しました。 また、その具体的な製品例として、ManageEngineシリーズより 「サーバ・ネットワーク統合監視ツール」と「トラフィック解析ツール」を利用した 課題解決方法と導入事例を紹介しました。 セミナー風景と講演内容を、ちょこっとだけご紹介しますね。   —セッション1: ————————————————— 『 高額なハイエンド向けの監視ツールは本当に必要か? 』 ———————————————————————— 景気低迷により企業のIT投資はコスト削減が求められており、ここ数年、減少傾向にあります。 IT投資の6割をまさに「運用保守費」が占めています。 そのうちの27%を占める「外部委託費」や、32%の「ソフトウェア関連費」を効果的に削減する方法として、 「必要な機能に絞ったコストパフォーマンスの高いツールによる、内製化」 をオススメします。 一方で、クラウド・仮想化によってシステムの複雑化・高密度化が進み、...

NetFlow Analyzer , OpManager 1 min read

IT initiative Day 2012 で講演しました

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 1分 去る8月3日に都内で開催された、IT Initiative Day(株式会社翔泳社 主催)にゾーホージャパンも講演者として参加いたしました。 当社のセッションでは、 「仮想&物理&クラウド混在環境における運用コスト削減と業務負荷軽減」と題し、 ITサービスの品質や可用性を保ちつつ、運用管理に必要なコストや業務負荷を最適化するには、問題をどう捉え、どのように解決することができるかを、ベンダーの視点から講演しました。 講演者は、ManageEngine事業とWebNMS事業の統括である、事業企画担当部長の松本です。当社のセミナーでも、事業企画担当部長が講演することはほとんどなく、大変貴重な講演でした。 ざっくりとお話した内容をご紹介します。 ■運用管理のコスト削減 金融危機、大震災…さまざまな障害により、IT関連投資額は減少傾向です。では、できるだけ品質は下げずにコストを下げるには、どの費用を削減できるのか?それは「アウトソーシングにかけていた費用」かもしれません・・・  →【ポイント1】 ベンダー任せから内製化へ もちろん、既に自社であらゆるツールによる内製化は実現できている組織も多いでしょう。ですが、そのツールの機能、100%使っていますか?  →【ポイント2】 欲張らずに必要な機能を備えたツールを選ぶ   ■運用管理の業務負荷の軽減 コスト削減が進む一方で、仮想化、クラウドサービスなど、管理しなければならないシステムは複雑化しています。いつまでも既存のツールで対応しきれません。  →【ポイント3】 最新の技術に対応したツールを選ぶ ツールを導入して、内製で管理をしていても、ヒューマンエラーは発生してしまいます。有事の際に備えて責任者を明確にすることや、できるだけ発生を未然に防ぐための承認プロセスを明確に定義する必要があります。  →【ポイント4】 運用の変更プロセスを明確にする 以上4つがポイントである理由を、もっともっと詳しく知りたい方は、9月6日に開催するネットワーク管理業務改善セミナーへの参加をご検討ください。こちらでも同じ4つのポイントの解説もする予定です。さらに、当社の製品でどのようなネットワーク管理業務上の課題を解決できるか、を紹介します。 次回のイベントレポートもお楽しみに…...

Applications Manager , NetFlow Analyzer , OpManager , ServiceDesk Plus 1 min read