Desktop Central

ゾーホージャパンのクライアント管理ソフト「Desktop Central」は、Windows、Mac、linux OSに対応したデスクトップ端末の統合管理ソフトウェアです。常に最新のパッチ(OSやサードパーティアプリケーション)を適用し、セキュリティ脅威からクライアント端末を守ります。 Visit:

月に1度の恒例行事!2019年2月度のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要

Reading Time: 3 minutesこの記事の所要時間: 約 11分 皆さま、こんにちは。 ManageEngine Desktop Centralの製品担当の植松です。 本日も2019年2月度のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要と、パッチ管理に強みのあるクライアント管理ソフトManageEngine Desktop Centralについてご紹介いたします。  【概要】 Microsoftは、2019年2月13日(日本時間)に以下のソフトウェアに関するセキュリティ更新プログラムを公開しました。 ・Adobe Flash Player ・Internet Explorer ・Microsoft Edge ・Microsoft Windows ・Microsoft Office、Microsoft Office Servers...

Desktop Central , セキュリティ 3 min read

エンドポイントセキュリティで解説!サービスデスク担当者に「クライアント管理ツール」が必要な理由

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 エンドポイントセキュリティの課題 「ウイルスは侵入するもの」「防壁は突破されるもの」・・・こういった考え方は今では普通となりました。 「絶対に侵入させるな」「100%安全な防壁を」と言ったところで、誰も「絶対の保証」はしてくれません。防壁を固めると同時に、有事の際の対応力を底上げしておくことが求められます。 セキュリティインシデント発生時に一次対応を行う可能性が高いサービスデスク部門も、その例にもれません。 さて、「エンドポイントセキュリティ」と言うと、パソコンやモバイル端末に侵入したウイルスの検知・駆除、悪意のある不正サイトへのアクセスを防止するソフトウェアを思い浮かべる方が多いかと思います。しかし今回の記事では、「異変を察知したサービスデスク担当者が、いかに対応するか」という観点から、ソリューションをご紹介させていただきます。 例えば、ある日 「Xというアプリが危険なのですが、複数の社員がインストールしているようです」 「Yさんのパソコンがウイルスに感染したかもしれません」 といった報告が届いたとします。サービスデスク担当者はどのように対処すれば良いでしょうか。ビジネスに大打撃を与えかねないセキュリティインシデントの場合、対応は急を要します。 サービスデスク担当者がエンドポイントセキュリティの対処を行う場合 【リクエストの受付】 当ブログでご紹介しているManageEngineでは、サービスデスク業務の効率化を低コストで支援するツール「ServiceDesk Plus(サービスデスク プラス)」を提供しています。 ServiceDesk Plusでは、先述の例で言うと「Xというアプリが危険なのですが、複数の社員がインストールしています」というセキュリティ報告を送信するための入力フォームを、カスタマイズできます。前回「エンドポイント管理で解説!サービスデスク担当者に「クライアント管理ツール」が必要な理由」にてご紹介したフォームは「サービスリクエスト」のテンプレートでしたが、今回は「インシデントリクエスト」のテンプレートを作成します。 必要な項目を簡単にテンプレートに追加することが可能です。様々なタイプのフィールドから追加したい項目を選択できます。   また、送信されたリクエストに対して、 一次担当者を割り当て、通知する (組織内CSIRTが確立されている場合は)CSIRTグループに通知する 対応が完了したら、クローズ...

Desktop Central , ServiceDesk Plus , セキュリティ 1 min read

ITセキュリティを底上げするMDM

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 本ブログはGiridhara Raam氏による記事を翻訳、一部加筆したものです。 技術の進歩は、あらゆる場所にあります。ブラウン管のデスクトップコンピューターが、薄くて軽いノートパソコンになりました。レンガ程もあった携帯電話が、手のひらサイズのスマートフォンになりました。まさにそのスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスは、ビジネスや消費者に多大な影響を与えています。 ガートナーによると、2018年の世界の携帯電話出荷台数は前年比1.6%増加し、総販売台数は約19億台に達しました。2019年のスマートフォンの売上高は前年比5%増のペースで伸び続けています。ウェブサイトへの訪問チャネルとしても、PCよりモバイルデバイス経由の方が多くなっています。2016年の57%から2017年には63%へさらに増加しました。直帰率も2016年の52%から2017年には47%へ低下しました。 企業でも、多くのモバイルデバイスが導入されています。IT管理者は、モバイルデバイスの安全性も維持しなければなりません。モバイルデバイス管理(MDM)は、進化し続けるモバイルコンピューティング市場に遅れを取らないための、重要なアクションの1つと言えます。  

Desktop Central , セキュリティ 1 min read

2019年、Windows 10への移行がセキュリティ戦略の第一歩である理由

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分   本ブログはGiridhara Raam氏による記事を翻訳、一部加筆したものです。 Windows 10は、既知のマルウェア攻撃からデバイスを保護できるため、2019年のサイバーセキュリティ戦略に不可欠です。 古いOSを使い続けることは、ネットワーク上に、サイバー犯罪者が侵入できるバックドアを残し続けることと同義です。アップデートで対処できる場合もありますが、より確実なのは、最新のOSへの移行です。Windows 7は優れたOSですが、2020年にサポートが終了してしまうため、Windows 10への移行の猶予はわずかとなってきています。

Desktop Central , セキュリティ 1 min read

月に1度の恒例行事!2019年1月度のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 皆さま、あけましておめでとうございます。 100万円お年玉キャンペーンのZOZOではなくZOHOの植松です。 本日も2019年1月度のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要と、パッチ管理に強みのある資産管理ソフトManageEngine Desktop Centralについてご紹介いたします。 【概要】 Microsoftは、2019年1月9日(日本時間)に以下のソフトウェアに関するセキュリティ更新プログラムを公開しました。 ・Internet Explorer ・Microsoft Edge ・Microsoft Windows ・Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps ・ChakraCore ・.NET...

Desktop Central , セキュリティ 1 min read

企業がUSBセキュリティ管理システムを導入すべき6つの理由

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分   本ブログは、Giridhara Raam氏による記事を翻訳、一部加筆したものです。リンク表記箇所については、原文から引用しております。 「技術力が向上すれば、その副作用や潜在的危険もまた大きくなる。」 ーアルビン・トフラー、アメリカの作家・未来学者  無料資料をダウンロード:おすすめのランサムウェア対策6選 ここ数十年で、テクノロジーは劇的な発展を遂げました。ブラウン管がLEDモニターになり、イラストレーションアプリの主流はMicrosoftの「ペイント」からGoogleの「Tilt Brush」になりました。記憶媒体もフロッピーディスクからUSBへ移行するなど、様々なものにおいて、サイズ、品質、性能すべてが変化しました。こういった技術発展は進歩をもたらしますが、同時に新しい脅威ももたらします。 ユニバーサルシリアルバス(USB)は、PCの背面にあるさまざまなコネクタを置き換えることで、既存のインターフェースのユーザビリティを高め、デバイスソフトウェア構成を合理化するために考案されました。USBの使用は、外部デバイスの転送速度も向上させました。1994年にリリースされた最初のUSBから2013年にリリースされたUSB3.1に至るまで、この技術は性能とストレージに関して大きな進歩を遂げました。しかし、USBデバイス(特にフラッシュドライブ)の進化は、脅威やリスクもはらんでいるのです。 今回は、企業がUSBセキュリティ管理システムを導入すべき6つの理由をご紹介します。

Desktop Central , セキュリティ 1 min read

エンドポイント管理で解説!サービスデスク担当者に「クライアント管理ツール」が必要な理由

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 エンドポイント管理の課題 「新入社員XさんのパソコンにMS Officeが入っていません。業務で使うのでインストールしてください」 「新しいパソコンの設定が、何かおかしいのですが…ちょっと見て頂けませんか」 サービスデスクの担当をしていると、このような端末管理にまつわるリクエストを多く受けるのではないでしょうか。 要求自体は非常に単純ですが、「ライセンスの購入承認は降りているんだっけ?」「新しいパソコンって、どの端末だ?」といった事項に一つ一つ対処し、作業の度に現場まで向かっていると、工数がどんどん増えてしまいます。大企業で複数のフロアや拠点に社員が分散している場合は、なおさらです。 当記事では、このような課題を「サービスデスクツール」と「クライアント管理ツール」の連携によって解決するソリューションをご紹介します。個々のツールは独立していますが、併せて活用する流れを事例としてご覧いただくことで「クライアント管理ツールはサービスデスク部門にこそ必要だった!」と実感して頂けるはずです。 サービスデスク担当者がエンドポイント管理を行う場合 【リクエストの受付】 当記事をご案内しているManageEngineは、サービスデスク業務の効率化を低コストで支援するツール「ServiceDesk Plus(サービスデスク プラス)」を提供しています。 ServiceDesk Plusでは、先述の例「XさんのパソコンにMS Officeをインストールしてください」というリクエストを専用のフォームから送信できます。 リクエスト送信フォームは、個々の要件に応じて入力項目を簡単にカスタマイズできる他、下図のようにカテゴリー毎に分類して一覧表示させることが可能です(カテゴリー名や分類方法についても、各企業のニーズに合わせてカスタマイズできます)。 また、送信されたリクエストに対しては、 まず経理に通知して「在庫利用/購入」の承認をもらう その後、システム担当者に通知してインストールの手配をしてもらう 全工程が完了したら、クローズする といったワークフローを作りこむことも可能です。 リクエストの内容は、他の担当者にも進捗情報と共にオンタイムで共有されるので、対応漏れや作業バッティングによる混乱も発生しません。...

Desktop Central , ServiceDesk Plus , セキュリティ 1 min read

SCCMに代わる、手頃で手軽なエンドポイント管理ソフトとは?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 本ブログは、Angsuman Hazarika氏による記事を翻訳、一部加筆したものです。リンク表記箇所については、原文から引用しております。 IT資産管理ソフトを使用せずにエンドポイント管理を行うのは、かなり難しいです。Microsoftはエンドポイント一元管理市場をリードしていますが、System Center Configuration Manager (SCCM)の代替となる良いソフトはあるのでしょうか?低コストで、すぐに使いこなせるソフトはあるのでしょうか?ソフトウェア配布や、パッチ配布、役割の管理、クライアント管理などの”単純”な作業は本当に簡単なのでしょうか? Desktop CentralがSCCMに代わる最良のソリューションだと言える理由は6つあります。

Desktop Central 1 min read

月に1度の恒例行事!2018年12月度のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要

Reading Time: 2 minutesこの記事の所要時間: 約 8分 皆さま、こんにちは。 ManageEngine Desktop Centralの製品担当の植松です。 本日も2018年12月度のMicrosoftセキュリティ更新プログラムの概要と、パッチ管理に強みのある資産管理ソフトManageEngine Desktop Centralについてご紹介いたします。  【概要】 Microsoftは、2018年12月12日(日本時間)に以下のソフトウェアに関するセキュリティ更新プログラムを公開しました。 ・Adobe Flash Player ・Internet Explorer ・Microsoft Edge ・Microsoft Windows ・Microsoft Office、Microsoft Office Servers...

Desktop Central , セキュリティ 2 min read

Linuxのセキュリティ対策とパッチ管理:あなたは本当に安全ですか?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 本ブログは、Aravind Ekanath氏による記事を翻訳、一部加筆したものです。リンク表記箇所については、原文から引用しております。 サイバーセキュリティ対策に取り組む際、多くの企業が「どのOSが最も安全なのか?」という疑問を抱くと思います。主要なOSの数から考えても、選択肢はそう多くありません。3大OSの中で、最も安全なOSはどれでしょうか?ビジネス利用において、広く普及しているOSは次の3つです。

Desktop Central , セキュリティ 1 min read