DynamoDBのパフォーマンス監視で考慮すべき4つの指標

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 こんにちは、ManageEngineエンジニアの園部です。 本日は、クラウドNoSQLのDynamoDBの監視についての話題をお届けします。 NoSQLデータベースは、近年のデータベースアプリケーションで人気が上昇しています。NoSQLデータベースの人気急上昇の理由は、動的でクラウドリソースに親和性があり、ビッグデータの処理に向いているためです。 特に、AWSのDynamoDBは、高い拡張性、可用性、信頼性に優れており、NoSQLデータベースの特長を生かしたサービスと言えます。 DynamoDBを使用したアプリケーションで高パフォーマンスを維持するためには、監視すべき重要な項目がいくつかあります。これらを見落とすと、アプリケーションのパフォーマンスが低下する危険性があります。DynamoDBのパフォーマンスを向上させるために監視する必要がある項目を4つ紹介します。

Applications Manager 1 min read

データベースとは?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 こんにちは、ManageEngineエンジニアの園部です。 企業の社員管理システムや顧客情報管理システム、ショッピングサイトやゲームアプリやSNSなど、世の中には様々な「システム」があります。 今シリーズでは、これらの「システム」を支える情報管理の基盤である「データベース」について解説していきます。

Applications Manager 1 min read

今こそルールの見直しを!サイバー犯罪時代のファイアウォール設定攻略方法

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 こんにちは、ManageEngineエンジニアの園部です。 近年、企業の情報資産を狙ったサイバー犯罪が増加しています。 2017年にはIoT機器への攻撃が600%、暗号解読が8500%急増したといいます。 ランサムウェアの標的は、大企業から中小企業にも広がっています。 ファイアウォールは、これらのサイバー攻撃に対する防御の最前線です。適切な通信の規則やポリシーを設定することで、会社をサイバー攻撃から保護できます。多くの企業で、ファイアウォールの設置が当たり前になっているのではないでしょうか。 ところで、ファイアウォールに設定されたルールは、すべて把握できていますか? 作成してから何年も放置され、ルールを作成した人はいなくなり、全貌は誰にも分からない……なんてことになっていませんか? 適切に設定されているように見えて、実は抜け穴があった……といった事象を防ぐため、本ブログでは、 ★ ファイアウォール設定見直しの必要性 ★ ファイアウォール設定の見直しで確認するべきポイント を解説します。 目次 なぜ今「ファイアウォール設定の見直し」なのか 今こそルールの見直しを!確認ポイント5選 使用されていないルールを削除する ルールの異常を見つける ルールを最適化する 許容的なルールを制限する ルールの使用警告を設定する まとめ なぜ今「ファイアウォール設定の見直し」なのか...

Firewall Analyzer 1 min read

AWS上のシステム安定化のカギはデータベース!その監視ポイントとは

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 6分 こんにちは、ManageEngineエンジニアの園部です。 近年、社内サーバーやネットワークのリソースをクラウドに移行しようとしている企業も多いのではないでしょうか。 クラウド環境移行の計画の他、環境を管理する手段については考えていますか? 『クラウドのパフォーマンスは提供企業が管理するもの』――そう言い切って大丈夫でしょうか。 クラウドに置いた自社システムが遅くなったら、どのようにして原因切り分けをしますか? この記事では、 ★ サーバーやシステムの移行先として大人気のAWSを監視する必要性 また、Webシステムで一般的にボトルネックとなりやすいデータベースに焦点を当て ★ Amazon RDSとAmazon Auroraで監視すべきポイント をご紹介します。 目次 AWS上のシステム監視の必要性 Amazon RDSで監視すべき項目5選 Aurora DBで監視すべき項目4選 まとめ AWS上のシステム監視の必要性...

Applications Manager 1 min read

休日をゆっくり過ごしませんか?ネットワークの管理を自動化する方法とは

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 7分 こんにちは、ManageEngineエンジニアもどきの園部です。 もうすぐクリスマスや年末年始のシーズンですね!お休みの計画は立てましたか? ……え?クリスマスも年末年始も仕事? 担当のシステムやネットワークに問題が起きたら呼び出されるから休んでいる気がしない?? ・・・(´・ω・`) 大事な休日をゆっくりと過ごすため、ネットワーク管理の自動化を始めてみませんか? というわけで、今回は、IT運用管理の自動化について考えてみたいと思います。 目次 まずは通常業務の自動化 障害時対応の自動化 自動化後に確認すべき点 OpManagerの場合 まとめ まずは通常業務の自動化 (何故こんなことまで自分がやらなくてはいけないのか……) (今日もやりたかった仕事に手が付けられなかった……) 日々同じことを繰り返すだけの作業に対して、そう思ったことはありませんか? しかしそのような業務は、大抵の場合、必須とされていることが多いのではないでしょうか。 また、個人の采配で勝手にやめられないものが大半であると思います。 自分で融通の利かない、かつ納得がいかない状況に置かれたとき、人はじれったさとイライラを感じやすいものです。 しかし、状況を悲観するにはまだ早いのです! このような時間のかかるルーティン業務こそ、もっとも自動化を始めやすい部分なのです!...

OpManager 1 min read

Zabbixでネットワーク装置のコンフィグも管理する方法とは?【連携してみた02】

Reading Time: 4 minutesこの記事の所要時間: 約 16分 こんにちは、ManageEngineのエンジニアもどきの園部です。 本日は、「連携してみたシリーズ」の2本目としまして、「Zabbix」と、永年無料版※もある当社のネットワーク機器コンフィグ管理ソフト「Network Configuration Manager」を連携し、Zabbixで、機器のコンフィグバックアップ状況や、機器のコンフィグに変更があったかを表示する方法をご紹介していきます。 Zabbixでネットワーク機器を監視しているシステム管理者様は多いのではないかと思います。 1つの製品上で機器の死活やパフォーマンス管理に加えて、コンフィグの管理までできたら、ネットワーク運用管理の手間がより減るのではないでしょうか? 今回はこれを、昨今話題のあのスクリプト言語のフレームワークなんかも織り交ぜて、実現していきたいと思います。 よろしくお願いいたします!   目次 コンフィグ管理とは? まずは現状の確認 Zabbix Network Configuration Manager コンフィグ管理 in Zabbix の実装方法 作成したスクリプト まとめ...

DeviceExpert , Network Configuration Manager 4 min read

Elasticsearchの性能監視で見るべき4つの指標

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 こんにちは、ManageEngineエンジニアの園部です。本日は、全文検索エンジンのElasticsearchに関する話題をお届けします。 目次 監視すべきElasticsearchの指標 4項目とは? クラスタのステータスとノードの可用性 インデックスのパフォーマンス見出し 検索のパフォーマンス ネットワークとスレッドプールの監視 まとめ Elasticsearchは、拡張性の高い分散型オープンソースの検索分析エンジンです。構造化されたデータをリアルタイムに格納・取得可能のため、ログ分析、リアルタイムアプリケーションの監視、クリックストリーム分析などに使用されます。 Elasticsearchの特徴は以下の通りです。 HTTP Webインターフェースを備えたマルチテナント機能 JSON文書の形式でデータを表示し、REST APIを介して全文検索が可能 PHPやRuby、.NetやJavaなどの言語用のWebクライアントに対応 Elasticsearchの最大の特徴である、ビッグデータの収集と解析の機能を最大限に活用する第一歩として、 Elasticsearch環境のパフォーマンス状況を把握し、いつでも最良の環境でElasticsearchを動かすことから始めていきましょう! 監視すべきElasticsearchの指標 4項目とは? Elasticsearchの監視では、見るべき箇所がたくさんありますが、ここでは、特に重要な4つの指標について詳しくご紹介していきます。 1....

Applications Manager 1 min read

ZabbixにSNMPだけでなくNetFlow監視で得たトラフィックの内訳情報も表示するには?【連携してみた01】

Reading Time: 2 minutesこの記事の所要時間: 約 10分 はじめまして、ゾーホージャパンが提供するManageEngineのエンジニアをしております園部です。 突然ですが「連携してみたシリーズ」はじめました。よろしくお願いいたします! 記念すべき1本目は、「ZabbixにSNMPだけでなくNetFlow監視で得たトラフィックの内訳情報も表示するには?」と題しまして、「Zabbix」と永年無料版※も提供している弊社のフローコレクター「NetFlow Analyzer」を連携する方法を紹介していきたいと思います。 「Zabbixでトラフィックの内訳まで見たいよー」というというニーズは結構多いのではないかなと思います! 現在、会社内のルーターの一つを、Zabbixで監視しています。 Zabbixダッシュボードに表示しているウィジェットは、以下の通りです。  障害情報  ルーターのCPU使用率、メモリー使用率  ルーターの温度  ルーターの応答時間(Zabbixサーバー⇒ルーターへのPing応答時間)  インターフェースのトラフィック量(IN)  インターフェースのトラフィック量(OUT) これらの監視はすべてSNMPを使用した監視をベース(計算も一部含む)に実現しています。 使用しているZabbixはバージョン3.4です。 ここに、フローコレクターからのデータを連携して表示することで、ZabbixでSNMP+NetFlow/sFlow監視を実現していきたいと思います! 私が試した連携方法を3種類ご紹介いたします。 目次 そもそもNetFlowやsFlowとは…… 連携レベル0:ZabbixとNetFlow Analyzerダッシュボードを両方見る 連携レベル1:NetFlow...

NetFlow Analyzer 2 min read