第8回 Azure ADによるクラウドサービスの管理(3)【MicrosoftのMVP解説!Azure ADの虎の巻】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ PaaS型クラウドサービスとの間でSSOを実現する方法について解説 前回、前々回とAzure ADとSaaS型クラウドサービスの関連付けを行い、Azure ADにサインインするだけでクラウドサービスへのアクセスが実現するシングルサインオンの設定について解説をしました。一方、認証基盤をAzure ADに一本化させていこうとすると、自社開発のWebアプリケーションもクラウドサービスで実行させるのであればAzure ADで認証させたいというニーズも出てくることでしょう。そこで、今回はAzure ADとWebアプリケーションの関連付けを行い、PaaS型クラウドサービスとの間でシングルサインオンを実現する方法について解説します。 Webアプリケーションを実装するためのPaaS型クラウドサービスは世の中に色々ありますが、Microsoft Azureを利用すると、Azure ADとの関連付けが非常に簡単にできるので、ここではMicrosoft AzureのWebホスティングサービス(Azure App Service)とAzure ADを関連付けていきます。 Azure App Serviceではアプリを追加すると、Webアプリケーションにアクセスする際に利用する認証サービスを選択できるようになっています。 認証サービスにはAzure...

セキュリティ , 一般 1 min read

第8回 オブジェクトの管理(1)【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ Active Directoryデータベース内で管理されているオブジェクト「OU」と「ユーザー」について解説 これまでのコラムでは、Active Directoryのデータベースやドメインコントローラーについて解説してきました。今回から2回にわたって、Active Directoryデータベース内で管理する「オブジェクト」について解説します。 ■ オブジェクト オブジェクトとは、Active Directoryデータベース内に登録されるアカウントやリソースの総称です。Active Directoryデータベースには様々な情報を登録し、その情報を利用することができますが、それらは総称してオブジェクトと呼ばれます。Active Directoryデータベースに登録する代表的なオブジェクトには、以下のようなものがあります。 ・ OU ・ ユーザー ・ コンピューター ・...

ADManager Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

第7回 操作マスター【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 6分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ 操作マスター(FSMO)の種類と役割について解説 これまでのコラムでは、ドメインコントローラーの展開方法や複製のしくみについて解説してきました。複数台のドメインコントローラーを展開することで、Active Directoryデータベースの内容は複製され、どのドメインコントローラーからもデータベースに対して変更することができます。しかし、Active Directoryには操作マスターと呼ばれる特別な権限があり、その操作マスターが割り当てられたドメインコントローラーだけが実行できる操作が存在します。今回のコラムでは、その操作マスターについて解説します。 ■ 操作マスターとは 操作マスターとは、特定の1台のドメインコントローラーだけに割り当てられる「特別な権限の総称」です。操作マスターは、その特性からFSMO(Flexible Single Master Operation)と呼ばれることもあります。操作マスターには全部で5種類の権限があり、フォレスト内の特定の1台だけに割り当てられる2種類の操作マスターと、ドメイン内の特定の1台だけに割り当てられる3種類の操作マスターがあります。 操作マスター(FSMO) フォレスト ドメイン ・ スキーママスター ・ ドメイン名前付けマスター ・...

ADAudit Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

第7回 Azure ADによるクラウドサービスの管理(2)【MicrosoftのMVP解説!Azure ADの虎の巻】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 5分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ SAMLプロトコルを使用しないSaaS型クラウドサービスとの間で、SSOを実現する方法について解説 ・ 例として、TwitterへのSSOを実現する方法について解説 前回はSAMLプロトコルを利用して、Azure ADとSaaS型クラウドサービスの関連付けを行い、Azure ADにサインインするだけでクラウドサービスへのアクセスが実現するシングルサインオンの設定について解説をしました。今回はAzure ADとクラウドサービスの関連付けを行う方法の第2弾として、SAMLプロトコルをサポートしないSaaS型クラウドサービスとの間でシングルサインオンを実現する方法について解説します。 SAMLプロトコルをサポートしないクラウドサービスとの間でシングルサインオンを実現する場合、クラウドサービスにアクセスするためのユーザー名とパスワードをAzure ADにキャッシュさせておき、クラウドサービスにアクセスするタイミングになったときに自動的に提示することで、シングルサインオンを実現します。 では、ユーザー名とパスワードを自動入力することでクラウドサービスへのアクセスがシングルサインオン化する、Azure ADとクラウドサービスの関連付け方法についてみていきます。ここでは例としてTwitterを利用してAzure ADと関連付けします。 クラウドサービスの関連付けはSAMLプロトコルをサポートするクラウドサービスと同様にAzure Active Directory管理センター (https://aad.portal.azure.com/) の[エンタープライズ アプリケーション]を使います。[+新しいアプリケーション]から新しく関連付けるクラウドサービスとしてTwitterを選択すると、TwitterとAzure...

ADAudit Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

【目次】 連載:ADについて学ぼう

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 0分 ADについて学ぼう~基礎編~ 基礎編(1) Active Directoryとは? 基礎編(2) Active Directoryの認証の仕組み 基礎編(3) Active Directoryの基本構成 基礎編(4) Active Directoryのサイトとは何か? 基礎編(5) Active DirectoryにおけるDNSの役割 基礎編(6) Active Directoryのグループポリシーとは? 基礎編(7) Active Directoryのアカウントポリシーとは? 基礎編(8) グループアカウントの種類と運用方法 基礎編(9) セキュリティ監査のためのグループポリシーの設定 ADについて学ぼう~導入編~ 導入編(1) 新しいユーザーアカウントの作成 ADについて学ぼう~応用編~ 応用編(1) Active Directoryの委任とは?権限委任で管理者の負担を軽減しよう!...

ADAudit Plus , ADManager Plus , ADSelfService Plus , 一般 1 min read

実は簡単!GPOのバックアップと復元方法【連載:ADについて学ぼう~応用編(6)~】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 3分 【目次】 連載:ADについて学ぼう ◆ 目次 ・ バックアップの取得方法 ・ バックアップの復元方法(バックアップ元と同じGPOに復元する場合) ・ バックアップの復元方法(バックアップ元と異なるGPOに復元する場合)   「GPOを変更したら、予期していなかったところで影響がでてしまった・・。」 「ドメインコントローラーが故障してしまい、作成したGPOがすべて失われてしまった・・。」 そのような万が一の事態に備えて、GPOのバックアップを取得しておくに越したことはありません。この記事では、グループポリシー管理エディアを使用したGPOのバックアップ・復元方法についてご紹介します。GPOのバックアップ自体はとても簡単にできますので、大きな変更を加える前、あるいは保全のための定期的な作業として、取得しておくことをおすすめします。   ■ バックアップの取得方法 ———————————————————————————– 1.ドメインコントローラーからコマンドプロンプトを起動後、以下のコマンドを実行してグループポリシー管理エディタを開きます: gpmc.msc 図1. コマンドプロンプトの実行結果...

ADAudit Plus , ADManager Plus , ADSelfService Plus , 一般 1 min read

Active Directory ユーザープロファイルの消し忘れ、ツールでなくしませんか?

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 2分 「削除したドメインユーザーのプロファイルやフォルダーをうっかり消し忘れていた・・。」 「連携していたOffice 365上に、削除したドメインユーザーが存在したままになっていた・・。」 この記事では、そんな悩みを抱える方に是非ご活用いただきたい、ADManager Plusの「削除/無効化ポリシー」機能についてご紹介します。 ■ そもそもADManager Plusってどんな製品? ———————————————————————————– 「ADUC、PowerShellよりもっと簡単に」 がコンセプトのADManager Plusは、シンプルなWeb画面上から簡単にActive Directoryの管理を行うことができるActive Directory ID管理ソフトです。ユーザーの一括作成やファイルサーバーへの権限付与といった管理機能に加え、一定期間使用されていないユーザーの抽出やパスワードの期限切れが近いユーザーの抽出など、棚卸作業に役立つレポートを豊富に用意しています。 実際の操作画面を確認されたい方におすすめ! >> イメージがつかめる!10分動画を見る 今回取り上げる機能は、管理やレポートといったADManager Plusの主力機能には直接該当しないものの、Active Directoryの運用をぐっと効率化できる、便利な補助機能の1つです。「Active Directoryの管理作業を少しでもラクにしたい」という方の、業務の一助となれば幸いです。...

ADManager Plus 1 min read

第6回 Azure ADによるクラウドサービスの管理(1)【MicrosoftのMVP解説!Azure ADの虎の巻】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 6分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ SAMLプロトコルを使用したシングルサインオンの仕組みについて解説 ・ クラウドサービスをAzure ADに関連付けるための手順について解説 私はこの連載の最初に「Azure ADを利用する目的はクラウド上のアプリケーションへの認証・認可を一元化することにある」という趣旨の話をしました。現在、多くの企業で抱える課題に、企業で利用するクラウドサービスにアクセスするごとにユーザー名とパスワードを入力しなければならないというものがあります。Azure ADではこうした面倒をなくし、Azure ADで一度認証を行うだけで、それぞれのクラウドサービスにアクセスするときに毎度ユーザー名とパスワードを入力しなくてもよい、という解決策を提供してくれるという話でした。 では、現在お使いのクラウドサービスをAzure ADに関連付けるには、どうしたらよいでしょうか?IaaS, PaaS, SaaSの3種類のクラウドサービスのうち、どれを利用するかによって関連付けの方法は異なるのですが、ここではSaaSのケースを取り上げて具体的な関連付けの方法について解説します。 SaaSのクラウドサービスをAzure ADに関連付ける場合、シングルサインオン用のプロトコルであるSAMLと呼ばれるプロトコルが利用できます。SAMLプロトコルでは、ユーザー名とパスワードをクラウドサービスに提示する代わりにAzure ADが発行するトークンと呼ばれるデータを提示することでクラウドサービスへの認証・認可を済ませる、ということを行います。その結果、Azure ADに既にサインインしていれば、クラウドサービスへのサインインが要らなくなる、つまり「シングルサインオン」が実現するのです。 では、SAMLプロトコルを使ってAzure ADとクラウドサービスを関連付け、クラウドサービスへのシングルサインオンを実現するための手順を見てみたいと思います。設定方法はクラウドサービスによって多少異なりますが、ここでは例として「Dropbox...

ADSelfService Plus , セキュリティ , 一般 1 min read

第6回 Active Directoryのサイト【MicrosoftのMVP解説!Active Directoryのハウツー読本】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 4分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ サイトの概要について解説 ・ サイトを利用するメリットについて解説 前回のコラムでは、既定でどのようにレプリケーションが動作するのかについて解説しました。しかし、レプリケーションの間隔や頻度などを環境に合わせて変更したい場合もあります。例えば、組織の中で「東京」と「大阪」のように物理的に離れた拠点を持っており、その拠点間は低速な回線で接続されている場合などです。このようなシナリオでは、Active Directoryのレプリケーションは夜間におこないたいというニーズや、間隔を調整したいといったニーズが考えられます。このようなニーズに対応できるように、Active Directoryには「サイト」という情報があります。今回は、サイトそのものと、サイトをまたいでおこなうレプリケーションについて解説します。 ■ Active Directoryのサイトとは Active Directoryデータベースの複製には、「サイト」という情報が利用されます。Active Directoryにおけるサイトとは、高速に通信できる単位となる情報です。例えば、組織の拠点が東京と大阪にある場合、各拠点内のドメインコントローラー同士は高速に通信することができます。しかし、東京と大阪の間をつなぐネットワークは高速であるとは限りません。WANを介した通信であるため、信頼性が低かったり、速度についてもLANに比べて低速である場合が考えられます。そのような場合には、東京サイト、大阪サイトというように拠点ごとにサイトを分けることが可能です。そうすることで、ドメインとしては1つであっても、いくつかの離れた各拠点にドメインコントローラーが配置されているということをActive Directoryに認識させることができるようになっているのです。 ただし、Active Directoryの既定の設定では、Default-First-Site-Nameという名前の1つのサイトのみが存在しており、すべてのドメインコントローラーはDefault-First-Site-Nameというサイトに所属します。つまり、前回のコラムで解説したレプリケーションは、1つのサイト内でのレプリケーションです。サイト内でのレプリケーションの動作は前回のコラムで解説したように、ほぼリアルタイムに複製をおこないます。 ■ サイトを分けることで得られるメリット 複数のサイトを構成し、各サイトにドメインコントローラーを配置することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか?そのメリットの1つに、サイト間のレプリケーションをおこなう時間帯や間隔を制御することが可能になることが挙げられます。本コラムの冒頭にも記載したように、日中は業務のためにネットワーク帯域を確保したいことを目的として、Active...

セキュリティ , 一般 1 min read

第5回 Azure ADのユーザー・グループの管理(2)【MicrosoftのMVP解説!Azure ADの虎の巻】

Reading Time: 1 minutesこの記事の所要時間: 約 6分 ◆ 今回の記事のポイント ◆ ・ Azure AD Connectを使用した活用方法について解説 ・ Azure AD Connectを使用してActive DirectoryとAzure ADを同期する際の注意点について解説 ・ Azure AD Connectを使用して同期の設定を行う際のポイントについて解説 前回、Azure ADでユーザーやグループを作成する際、GUIから作成する方法や、Windows PowerShellコマンドレットを使って作成する方法をみてきました。Azure ADでは、これらの方法だけでなく、Azure Active...

ADManager Plus , セキュリティ , 一般 1 min read