Category Banner

Reading Time: 1 minutes

2012年12月19日(水)14時-16時に東京国際フォーラムで行われた
ゾーホージャパン主催「IT運用管理業務改善セミナー」開催報告後編です。

前編はこちら

【セッション2】
ManageEngine ServiceDesk Plus 製品説明&デモ

ゾーホージャパン株式会社
ManageEngine&WebNMS事業部
深沢萌子

セクション2では、中規模の社内ヘルプデスク向けソリューションとして、
サービスデスクツールの比較ポイントを満たすサービスデスク構築・運用ツール
「ManageEngine ServiceDesk Plus」ご紹介をしました。

比較のポイントおさらい
1.ITIL準拠のツール選定
2.低価格体系
3.スモールスタート可能で 機能拡大可能性
4.自動化要素(省力化)大 (各機能連携)
5.ポータル活用
6.システム監視ツールとの連携
7.導入の簡易性

現在のヘルプデスクにこのような課題はありませんか?

本当に使えるサービスデスクツールの選び方

課題を解決するためにITIL準拠のサービスデスクツールを導入することを決めても
実際には予算が少なく、人も足りないため、ツール導入をプロジェクト化できず
選任の担当者を割り当てられないケースは多いものです。

しかし、ServiceDesk Plusならツール導入の課題を解決しつつ、
業務効率が向上するサービスデスクの構築を支援します!

1.ITIL準拠のツール選定

本当に使えるサービスデスクツールの選び方

ServiceDesk Plus Enterprise EditionはITILのサービスサポートプロセス
(インシデント管理⇒問題管理⇒変更管理)を実現するだけでなく、
構成管理データベースで社内資産の関係を階層的に可視化したり、
サービスデスク業務のPDCAサイクルを回すのに欠かせないレポートの作成を
自動化したりできます。

 

2.低価格体系
上記のITIL準拠のサービスデスクツールを年間613,000円ではじめられます。
なんと保守サポート費用も込みです。

ServiceDesk Plus 価格表

 

3.スモールスタート可能で 機能拡大可能性
Editionやオペレータ数のトレードアップが簡単にできるので、
予算も少なく、人も足りないのでいきなりITIL準拠のサービスデスクを
構築するのはハードルが高い、という方でも安心です。

ServiceDesk Plus Edition比較表

 

4.自動化要素(省力化)大 (各機能連携)
インシデント管理の業務フローの自動化を支援します。

本当に使えるサービスデスクツールの選び方

 

構成管理データベースで資産の関係性を把握できるので、変更計画を立てるのがスムーズです。

本当に使えるサービスデスクツールの選び方

 

5.ポータル活用
依頼者(問い合わせ者)もServiceDesk Plusのポータルサイトを活用して、
FAQの検索、Webフォームでの問い合わせ、問い合わせの進捗確認ができます。

本当に使えるサービスデスクツールの選び方

 

6.システム監視ツールとの連携
サーバ・ネットワーク監視ツール「ManageEngine OpManager」と連携すれば
ServiceDesk Plusへのイベント報告を自動化できるだけでなく、
ServiceDesk Plus – OpManager間で資産の詳細情報やリアルタイムの情報を
簡単に確認できるようになります。

本当に使えるサービスデスクツールの選び方

 

7.導入の簡易性
まずは評価版を導入してみませんか?
百聞は一見にしかず。ServiceDesk Plusを知るなら評価版の利用が一番です。
ServiceDesk Plusの評価版は、30日間無料で全Editionの全機能を利用できます。
しかも、評価期間中なら技術サポートも無料で受けられるので、安心して評価できます。

本当に使えるサービスデスクツールの選び方

また、評価をより簡単にするサンプルデータも配布しています。
ManageEngineのHPから評価版のインストーラとサンプルデータをダウンロードできます
ので、お気軽にお手元の環境にServiceDesk Plusを構築できますよ。
ぜひご利用ください。

以上、7つの比較ポイントから見るManageEngine ServiceDesk Plusのご紹介でした。

ゾーホージャパンでは、2013年も定期的にセミナーを開催予定です。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

 文責:
ゾーホージャパン株式会社
ManageEngine &WebNMS事業部
深沢萌子


フィードバックフォーム

当サイトで検証してほしいこと、記事にしてほしい題材などありましたら、以下のフィードバックフォームよりお気軽にお知らせください。

Comments are closed.